みんなでトコトコ山行脚 洲藻白嶽(長崎県 対馬)編

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
渡部 嘉章
名古屋栄店 店舗詳細をみる
日程
2011年11月15日 (火)~
メンバー
福岡パルコ店 渡部 同店アルバイト 岩村 対馬観光物産課勤務の方2名
天候
快晴
コースタイム
洲藻登山口>45分>鳥居>30分>男嶽山頂>10分>女嶽山頂>5分>岩のテラス>15分>鳥居>35分>洲藻登山口
コース状況
登山道自体の整備はしっかりされていて歩きやすいが、うっかりすると登山道を外れてしまう可能性のある箇所が散見されるので少々注意が必要。鳥居から上部は傾斜がきつくなり、また、地元の方の信仰目的のロープが張ってあり、ちょっと歩きづらくなりますので、ゆっくり歩きましょう。男嶽山頂手前は少々切れたっているので注意して下さい。女嶽山頂は岩登り経験のない方にはおすすめできませんので岩のテラスに行ってでのんびり休憩しましょう。
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!

感想コメント

遠望してもその特異な山の風貌が目を惹きます。低山ですが、山頂からの展望は超破格的絶景です。当日は快晴ながら少しもやがかかってしまい、残念ながら朝鮮半島までは見えませんでしたが、50km先に他国が見えるという、驚きの体験ができるようです。それ以外でも、日本一の長さを誇るリアス式海岸で形成されている浅茅湾の緑と蒼で織り成す風景も素晴らしいものがあります。今回は見ることができませんでしたが、「ノウタケ」と言うキノコも見ることが普通にできるそうで、ちょっと興奮してしまいました。今回、対馬鹿は見ることができましたが、対馬テンには残念ながら遭遇できませんでしたので、次回の楽しみに取っておこうと思いました。以外に近いと感じた国境の島でした。

フォトギャラリー

紅葉が映える男嶽!

登山口には立派な案内板があります。韓国からの登山客も多いようです。国際的な感じがしますよ。

最初は植林された林道を歩きます。

まだ調べていない綺麗な果実。2箇所にだけ群生していました。

巨岩が多い対馬の山。転がってくる岩を何とか止めるアルバイト君の図(みんなやるそうです)

この鳥居を越えると、悠久の昔から変わらぬ林が続きます。が、ここからが本当の登りで結構な急登です。

区間は短いながらも結構なしんどさですよ。

男嶽と女嶽の鞍部に至るポイントはケルンの詰まれた小さな広場が目印です。絶景ポイントは目前です!

女嶽からの男嶽の展望です。山頂に同行者がいます。一人での山行では撮れない1ショット。

今度は逆の男嶽からの展望。よじよじと岩を登って行くのですが、結構な高度感があり、かなり慎重に行かないと危険ですよ。

女嶽山頂に到着。狭い上に強風でしたが、あんまりにも景色がいいので、大阪人の意地の「グリコポーズ」決行!ちょっとビビッてます・・・。

絶景の一部。写真だと伝わらない風景感!悔しい~!!

山頂直下の岩のテラス。ポカポカ陽気の元、のんびり対馬談義に花が咲きます。

あっと言う間に登山口に着いちゃいました。サラサラ流れる滝の音を聞きながら登山終了です。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!