隠れた紅葉の名所? 伊勢の網掛山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本田 康之
イオンモール各務原店 店舗詳細をみる
日程
2019年12月06日 (金)~2019年12月06日 (金)
メンバー
名古屋栄店 本田康之
他1名
天候
曇り
コースタイム
らくらく広場(13分)もみじ谷東口(10分)網掛山(12分)もみじ谷東口(5分)展望台(4分)もみじ谷東口(45分)もみじ谷西口(15分)林道終点(5分)らくらく広場
コース状況
アプローチ
・公共交通機関はJR紀勢本線阿曽駅が起点
・マイカーは国道42号阿曽温泉入口を入り、踏切を越え、八柱神社を右折すると登山者駐車場。
 そのまま林道を進むと、途中で未舗装の庵ノ谷線にでて、終点まで(標識がある)

➀らくらく広場と林道終点に駐車場があり、案内板があります。(林道終点には簡易トイレあり)
➁らくらく広場からもみじ谷東口へはトラバース道、林道終点からは網掛山への登山道になります。
➂もみじの森から網掛山への登山道もあります
➃もみじ谷東口から網掛山は岩場が多く急です
➄もみじ谷東口から展望台はすぐですが、岩場があります
➅もみじ谷途中にベンチがある休憩所があります
➆JR阿曽駅の分岐から林道終点までは登りになります
➇立ち寄り湯は阿曽温泉が500円(10:00~21:00:水曜休)
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

網掛山(あみかけやま・544m)は 志摩半島の付け根付近にある山で、周囲は大理石やマンガン、石灰岩などを産出した鉱山資源に恵まれ、また炭や椎茸の原木を育てた里山。また山の南側斜面には約1kmに亘り、数百本の自生もみじが山の斜面に群生している通称「もみじ谷」があり、11月下旬から紅葉が見られます。この山の存在は以前に麓の阿曽温泉に貼られた記事で知りましたが、今日はこのもみじ谷が目的になります。
網掛山は麓から登ると浅間山を越えてから林道終点の中腹まで進むことになりますが、今日は2山目ということもあり林道を車で中腹までアプローチすることにした。最近、網掛山中腹まで登る林道が改修され行きやすくなったようで、未舗装でも問題はない感じだった。先にでてきたらくらく広場が林道終点と思い、ここで駐車し歩き出しましたが、実はこの先に林道終点があり、地図をよく見ればよかったです。
このらくらく広場からは網掛山東側をトラバースしていく名前の通リの道でもみじ谷への速達コースだと言えます。途中のもみじの森の紅葉はもう終わっった感じでちょっと遅すぎたかと心配になりました。割に短時間でコルにあるもみじ谷東口まで到着、網掛山と展望台のピストンを先に済ませました。網掛山へは岩場が多い急坂でロープも設置されています。途中に紅葉スポットの看板がありましたが、ここも見頃を過ぎていました。しかし反対側の展望台からは網掛山の山肌が紅葉しているのがわかります。コルに下り、いよいよもみじ谷へ向かいますが、ここもトラバース道が続き、見上げると網掛山の急斜面に紅葉したもみじがいい感じに生えています。近くで見ると盛りは過ぎていますが、遠くから見ると真っ赤に見え、とてもきれいで、下から見上げるという構図もよい感じがします。今日は曇っていて、日が当たらず、輝きがいまいちでしたが充分、堪能できました。もみじ谷東口まで1kmですが写真を撮っていたら結構な時間がたっていました。ここまでトラバース道だったので普通の登山道に変わった感じで、後は登ってらくらく広場へ。最後になって林道駐車場の場所がわかりましたが、ここからすぐにらくらく広場でした。次回は下から登ってみたいです。

フォトギャラリー

もみじ谷の紅葉は見頃でした

らくらく広場にある詳しい地図

もみじの森の紅葉は終わりでした

トラバース道です

もみじ谷東口

網掛山へは急な登山道

網掛山

もみじ谷東口から展望台へ

網掛山全貌

もみじ谷

もみじ谷の登山道もトラバース

もみじ谷

もみじ谷登山道を上から見る

もみじ谷後半

もみじ谷展望所

もみじ谷西口

大理石砕石跡

JRが走る麓

ここが林道終点でした

下から登る方はこの付近が駐車場

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

イオンモール各務原店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部