加藤智二校長と歩くシャクナゲ満開縦走 永田岳から宮之浦岳登頂 と ジオサイト 5日間

登山学校校長 加藤ガイド同行!

世界遺産・屋久島の奥山と呼ばれる永田岳から宮之浦岳を縦走します。
鹿の沢小屋と石塚小屋を利用するプランです。テント併用の場合もあります。
5月中旬を過ぎると屋久島シャクナゲが咲きだします。
静かな永田歩道ですが、長時間歩く歩行力が必要です。
各種雨対策が重要です。

申込状況 受付中
開催日 2019年05月20日(月) ~ 05月24日(金) 4泊5日
集合 鹿児島港・南埠頭 11:20
解散 鹿児島港・南埠頭 15:30
宿泊場所 宮之浦 / 楠川地区民宿2泊、鹿之沢小屋1泊、石塚小屋1泊
定員 6名(3名)
受講料 128,000円(一般 128,000円)
講師

加藤 智二

ガイドの紹介はこちら

体力度 歩行時間
10時間
装備

行程

1 日目:鹿児島港・・(フェリー)・・宮之浦・・(タクシー)・・宮之浦 / 楠川 民宿泊<食事:朝1 昼0 夕1> 
2 日目:宮之浦 / 楠川 民宿・・(タクシー)・・花山登山口・・焼峰・・鹿之沢小屋泊 自炊 
3 日目:鹿之沢小屋・・永田岳・・花之江河湿原・・石塚小屋泊 自炊 
4 日目:石塚小屋・・ヤクスギランド・・(バス)・・宮之浦 / 楠川 民宿泊 <食事:朝1 昼0 夕1> 
5 日目:宮之浦 / 楠川 民宿・・(タクシー)・・クリスタル岬/田代海岸・・・宮之浦又は安房・・(フェリー)・・鹿児島港 
歩行時間:②約10時間③約8 時間④約8時間
※ご参加には寝袋、マット、食器(コップ・お皿等)が必要です。また食材など共同装備(一人2㎏程度)の運搬協力をお願いいたします

屋久島の魅力を満喫できる山中2泊の縦走プランです。
少人数催行ですが、長時間歩き続ける体力と精神力も必要です。
人に出会うことが少ない永田歩道、シャクナゲの中を歩く充実のコースです。
1400万年前に隆起し始めた屋久島の歴史を理解できるジオサイトと温泉を巡ります。
申し込まれた方への登山ご相談は担当ガイドの加藤まで。090-7364-4252 tomotrek@gmail.com

※公益社団法人日本山岳ガイド協会認定ガイドが同行致します
※都合により他のガイドがご案内、又は地元ガイドが同行する場合もございます
※受講料(旅行代金)に含まれるもの/ガイド同行費、フェリー代、宿泊費、タクシー代
※原則として雨天の場合も実施致します
※天候、その他現地事情等によりコース・時間が変更になる場合がございます

この表は一般的な装備です。各コースに必要な装備については、上のPDFダウンロードから専用パンフレットをダウンロードいただき、ご用意いただく装備の詳細をご確認下さい。

用具 登山靴 トレッキングブーツのハードタイプ 食べる 水筒 1L以上。ハイドレーションがおすすめ
バックパック 30L~40L程度の物 サーモボトル 保温水筒。温かい飲み物を入れて
レインカバー バックパックのサイズに合わせた物 昼食 おにぎりやパンなど調理しなくてよい物
トレッキングポール 膝の負担を和らげます。プロテクター(先端保護)も 行動食 アメなど歩きながらでも食べられる物
服装 ベースレイヤー 化繊やウールなど、汗を吸水し蒸散させる素材 その他 ヘッドランプ 早朝や日暮れ、夜間の行動に備えて。替え電池も忘れずに
ミッドレイヤー 素早く汗を吸い、乾きの早い素材のシャツやパンツ コンパス プレートコンパス
サーマルレイヤー フリースジャケット、ダウンジャケットなど保温性のある物 地図 そのエリアの1/25000地形図
レインウエア 防水性・透湿性のある、上下セパレートタイプ 救急用具 絆創膏や持薬など。ファーストエイドキット
ゲイター 雨水・砂の靴への侵入を防ぎます 保険証 コピーでも可
グローブ 防寒性のあるグローブ 防水パック 衣類など濡らさないように
帽子 日除けや頭の保護に ビニール袋 ゴミ袋に
サングラス 紫外線など目の保護に 日焼け止め お肌の保護に。リップクリームも 
      虫よけスプレー  
      洗面用具 歯ブラシなど
      たおる 汗拭きに 
      着替え 靴下・シャツ等
お電話でお申込み
株式会社 On The Earth TEL:04-7170-4261

営業時間:平日 9:00~17:00, 土曜・日曜・祝日 も対応可能

FAXでお申込み

申込書を印刷の上、必要事項をご記入いただき、参加者お一人様につき
1枚を株式会社On The Earthまでお送りください。
またはオンジアースホームページ記載のメール問い合わせにご記入の上、メール送信下さい。
FAX:04-7170-4262