霧ヶ峰

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
吉田 光成
日程
2016年09月16日 (金)~
メンバー
単独
天候
コースタイム
車山肩駐車場(20分)沢渡(15分)八島湿原(25分)八島ヶ池(15分)鎌ヶ池(40分)物見岩(20分)蝶々深山(15分)車山乗越(30分)山彦谷南の耳(30分)車山乗越(15分)車山(30分)車山肩駐車場
コース状況
良く整備されていて特に危険なところなし
ぬかるんだ所はスリップ注意
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

前回の入笠山に続き今回は百名山でもある霧ヶ峰へ行ってきました
天気が悪い中を行ったので当然ですが、曇天とガスに覆われて絶景はお預け・・・
まぁ、年間200日は霧が発生するエリアですので何てことありません(T_T)

入笠山から下山して車山肩の駐車場で仮眠
外はさすがに気温も低く寝袋を使用しました
中秋の名月を見ながら酒飲んで意識を失う(寝る)・・・なんて考えてましたが
厚い雲に覆われてなんとなく明るくなっている場所はありましたが
真ん丸お月様を拝むことは出来ませんでした

朝目が覚めてみると真っ白状態、風の音もそこそこ・・・
雨こそ降っていないもののテンションを下げる状況が揃っています
天気予報も昼から回復だったので二度寝してのんびりと出発

八島湿原に向かって標高を下げていくにつれガスは無くなり
湿原散策の時はいい感じの霧で雰囲気良かったです
観光地だけあって平日の朝というのに結構な人とすれ違いました

車山に向かっての道のりも湿原からの登りがあるものの
ゆったりとした登りで程よく汗をかく程度!(^^)!
ここでも小学生の遠足に遭遇しました

当初は予定にありませんでしたが、物見岩からみる隣の稜線が気持ちよさそうで
少しだけ足を延ばしてみることにしました
そこはエコーバレースキー場の頂上にあたるところで自分には馴染の場所です
学生時代から毎年のように足を運び来る日も来る日もエコーバレーを滑っていました
雪のないゲレンデを頂上から見てみたいと思い行ってみました
途中、花が沢山咲いていてこんな自分でも思わず足を止めてしまう位・・・

分岐に戻り最後の登りへ・・・
その横をリフトが動いています・・・
気のせいか階段が見た目以上にきつく感じるのは自分だけでしょうか?

車山頂上には神社があります
来る9/25(日)『天空の御柱』と称して車山御柱小宮祭 というお祭りがあるようです

フォトギャラリー

箱庭のような八島湿原

お~~~白い・・・

沢渡

湿原への分岐

木道がのびます

幻想的な風景

八島ヶ池に向かって

八島ヶ池

続いて鎌ヶ池

木道が終わると登山道に

物見岩

蝶々深山にむかう

蝶々深山

車山頂上が見えます

車山乗越分岐

エコーバレースキー場頂上でもある山彦谷 南の耳

リンドウが咲き始めました

運転中のリフト横の階段は効きます(@_@;)

車山頂上~

ぐるっと回って帰ってきました

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部