雪山登山講習 in 伯耆大山 

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
吉田 太一
広島ゼロゲート店 店舗詳細をみる
日程
2017年03月25日 (土)~2017年03月25日 (土)
メンバー
好日山荘登山学校のお客様16名
菊岡G、奥島G、阿部G、吉田
天候
晴れ
コースタイム
南光河原駐車場(90分)6合目避難小屋(60分)弥山山頂(60分)6合目避難小屋(60分)南光河原駐車場
コース状況
例年より多く雪が残っています。
樹林帯の雪も締まっており、
10本爪以上のアイゼンが必要です。
6合目から上部はルートを外さないように歩きましょう。
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!

感想コメント

ひろでん中国新聞社主催の雪山講座全4回シリーズの
最終回「伯耆大山」に同行してきました。

天気は、南岸低気圧の発生で下り坂予報でしたが、
予報に反して晴天に恵まれました。午後からどんどん天気が良くなり
素晴らしい山頂からの景色を堪能することができました。

歩行ペースも一定の速さで、予定より一時間近く早く山頂に立ちました。

1月の臥龍山から始まった雪山講座。
1回目は雪山を体験する目的でしたが、暴風雪で登頂できませんでした。、
新雪のおかげでラッセルの良い練習になりました。
2回目の比婆山は今シーズン最強寒波の中、山頂を目指しましたが、
ドカ雪でラッセル三昧の中、登頂できませんでした。
3回目の吉和冠山では「ピッケル・アイゼン歩行」の講習で、
しっかりと歩き込んで、歩行技術の勉強をし、無事山頂にも立てました。

そして、4回目の伯耆大山ではピッケル・アイゼンの実践をしっかりと体験し、
みごと山頂に立つことができました。

雪山は休憩中のエネルギー、水分補給、防寒対策などの自己管理と天候・雪質など外的要因を
合せた総合的な判断を求められます。何回も何回も失敗と成功を繰り返しながら自然と身に付くものです。
様々な経験をできた全4回シリーズの体験は次へのステップに繋がると思います。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
無理な行動は禁物ですが、経験を生かしてさらなる高みを目指してください!

フォトギャラリー

南光河原駐車場で準備を整えます。

さぁ、出発!

雪質を見て、早目にアイゼンを装着。

ブナ林の中を黙々と歩きます。

足元に注意しながら歩きます。

少しずつ傾斜がでてきました。

5合目。小休止。すばやく水分・エネルギー補給をします。

視界が広がってきます。

森林限界を超えました。

振り返ると日本海がドーッン。

良い天気です。空と雪しかありません。

みなさんカッコイイです。

9合目。

山頂1709m到着。

無事登頂。お疲れ様でした。

剣ヶ峰。稜線の雪も多いですね。

頂上避難小屋はまだまだ埋没中です。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!