北岳 バットレス

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
唐嶋章弘
コマーシャルモール博多店 店舗詳細をみる
日程
2021年08月02日 (月)~2021年08月02日 (月)
メンバー
他一名
天候
雨のちガス
コースタイム
広河原(180)5尾根支稜取りつき(400)北岳山頂(100)広河原
コース状況
広河原はテント、小屋ともに要予約です。
専用の予約サイトがあります。
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

北岳のバットレスに行ってきました!

行動計画としては、
1日目
甲府駅から広河原までのアプローチ。
2日目
広河原を出発。
→バットレス4尾根主稜を登攀。
→北岳山頂
→肩の小屋、白根御池を経由し、草すべりルートから広河原へ下山しました。


1日目に、白根御池に泊まるのがオーソドックスな方法だそうですが、
今回、広河原スタートとしたのは、
〇重たいテント泊装備を背負って標高を上げて前泊するよりも、登攀装備のみでスピーディーにアプローチする方が良い。
〇今回の登攀は、そこまで時間がかからないため、明るいうちに帰ってこれると予想。

ということで、広河原でのテント泊は、ウインナーを焼いたり、たらふくご飯(レトルトご飯&レトルトカレー)を食べたり、
時流に逆らう重量化装備で思う存分、士気を養う事が出来ました。


バットレス登攀当日は、3時出発。
真っ暗な中、大樺沢を無心で登ります。

バットレスの4尾根の取りつきまでは様々なルートがあるようですが
私たちは、cガリーとdガリーの間の樹林帯を登り、
5尾根支稜を経由し、大バンドをトラバースののち、
ヒドンガリーを詰めた後に、有名な4の赤ペンキが付いた壁から登る事にしました。

4尾根を登るよりも、
このアプローチの方がルートファインディングが難しく、アルパインチックでした。


60mのダブルロープです。引き上げの作業をなるべく少なくするために、
多少ロープの流れが悪くなっても、伸ばせるところまで伸ばしました。
トポと若干ピッチの区切りが異なる点がありますが、ご了承ください。

5尾根支稜
1ピッチ目
取りつき点から見える顕著なバンドをトラバース。
トラバース後に岩をぐるっとまわりこんだところがビレイ点でした。

2ピッチ目
フェースを登ります。
どのピッチにも言えることですが、全体的に、ハーケンなどは豊富に有りますが、信用できないので、
#3までの小さめのカムがあると便利でした。

3ピッチ目
ルンゼを登ります。
終了点らしきものは見当たりませんでしたが、
ロープが必要なほどではありませんでしたので、解除して肩がらみビレイで登りました。

4ピッチ目
ロープを解除して、バンドを歩きます。
このバンドの途中に、3ピッチで4尾根取りつきまで上がれるクラックがあるようですが、
今回は、雨が降っていた事や、より分かりやすい道をということで、
バンドを歩ききったところで出会う、ガリーまで行きました。
ガリーを50m程登ったところに、4の赤ペンキがありました。

5ピッチ目
この取りつきまでのアプローチにおける登攀では緊張したパートです。
浮石が多く、ビレイヤーを巻き込まないように注意が必要です。
フェースで高度感があるうえ、プロテクションもいまいち信用できず、慎重に登りました。

このピッチが終わって10m程歩くと、4尾根取りつきのテラスにたどり着きます。
テラスは荷物をおろして、安心して準備が出来るほどの広さがあります。

4尾根1ピッチ目
出だしのクラックが核心です。
フットジャムを決めて、クラックの奥にあるホールドを手探りで探しながら登りました。
グレード表記は高いですが、落ちても受け止め手がいるので、思い切って登れます。

4尾根2ピッチ目
フェースを直上します。こわいパートはありませんでした。

4尾根3ピッチ目
岩のクラックです。
最終ピッチと合わせて、緊張したパートです。
クラックがはっきり見えている&ハーケンが連打されているので、
クラックに頼りがちになりますが、くぼみにガバがあったり、フェースにフットホールドが有ったり、
しっかり岩を見れば、グレードほどの難易度は無いかと思います。
クラックから、数手で、右カンテを掴んで、核心は終わりです。

4尾根(4)ピッチ目(懸垂下降)
総称マッチ箱のコルから、懸垂下降です。
ハーケンが4つほど有りますが、そろそろ寿命が気になるところ。。。
残置のハーケンを持って来ていなかったので、今回は頼りましたが、できれば自分で信用できる支点を作りたいところ。
20m程下降すると、真向いの岩に取り付くテラスがあります。

4尾根4ピッチ目
懸垂下降後、フェース向かって右のカンテラインを触りながら登ります。
特段に難しい所はありませんでした。
懸垂下降した岩にステミングをしたりすると楽に登れました。

4尾根5ピッチ目
やさしい岩場です。
枯れ木のテラスまでのピッチですが、
切れ落ちたリッジを渡るために、ロープアップの作業が面倒だったので、
最終ピッチの城塞ハングの下まで伸ばしました。
ロープは重たくて仕方がありませんでした。

4尾根6ピッチ目
最終ピッチで核心の城塞ハングです。
ハングというよりは、チムニーで、いろんな登り方があるピッチだと思います。

10年ほど前までは、右から優しいラインを登れたようですが、そのピッチのルートが崩落しており、
このルートを登らないと山頂にはたどり着きません。

チムニーががっちり決まってくれますが、
慣れないと腕の力を消耗するので、エイドで登る工夫も必要かと思いました。

このピッチを終えると、広場に付くので、
登山靴に履き替えて、お花畑を眺めながら山頂へ向かう踏み跡をたどります。



数年前に登ったつじまいさんにアドバイスを伺ったところ、
昨年、北岳周辺は閉鎖されていた影響で、浮石が多いかも
という助言を頂きました。
浮石に関しては、4尾根に取り付くまでのアプローチ登攀が、特に気になりました。
4尾根は特に危険な箇所は無かったと思います。
また、当然ですがガリーは少なからず注意が必要だと思いました。

全体的に、ゲレンデ化しているアルパインルートと比べて、
支点が不安なものが多かったです。
ナチュラルプロテクションは必須です。
#3までのカムを頻繁に使いました。

フェース、チムニー、クラックと、多彩なルートで、終始楽しむことが出来ました。

フォトギャラリー

バットレスがみえ、、、ない、、、

ここから取りつきです。

ルンゼ。

4のペンキがあるピッチ

4尾根スタート!

3ピッチ目のクラックです。

お花畑につきました!

下山は白根御池を経由して。

夜明け前の道標もしっかりしているので、迷う事はありませんでした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

コマーシャルモール博多店 - 登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部