【宮崎県】比叡山 3峰 白亜スラブ 5.11-

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
唐嶋章弘
コマーシャルモール博多店 店舗詳細をみる
日程
2021年11月06日 (土)~2021年11月06日 (土)
メンバー
他1名
天候
曇りのち雨
コースタイム
3峰基部のトンネル横の取り付きから5分ほど踏み跡を辿って登ったところ。
コース状況
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

白亜スラブにトライしてきました。

数年前に、3峰の左方カンテを登った際に、
隣に見えた白いスラブ。その中に走る芸術とも言えるクラック。
そのクラックを登りたく、
はるばる広島の三倉へ遠征を重ね、
10月に比叡のニードルで、練習の成果の確認。

もう登れるだろう。と言うことで、ようやく取り付いたこのルート。

相方に懇願し、そのクラックが走る3ピッチ目をトライさせてもらうため、
奇数ピッチを担当させてもらいました。
(4ピッチ目の最高グレードがを登れない不安もあったため)

取り付きは、道路から歩いて5分。
最近アプローチが長い岩ばかりだったので、気持ちが高まる間もなく取り付きに到着。

1ピッチ 5.1 (Ⅲ+) 35m
取り付きから右上。
草付きのガリーを横切るポイント周辺が緊張するものの、
しっかりホールドはあるため、問題なく通過。

2ピッチ 5.10 25m
1ピッチ目がアップ。ここから本番。
パワーのいる出だしをこなし、全体的に体が温まる内容。

3ピッチ 5.10 45m
このルートのハイライト。
フィンガークラックが上に伸びる美しいスラブ。
フットホールドが乏しく、ガバ持ちできるホールドもない。
クラックをひたすら耐える長い長いピッチ。
ボルトだけでは不安なため、0.5サイズのカムを使用し登りました。
緊張が続くピッチでしたが、何とかノーテンで突破。
コツは、レストできるクラックを見極め
休んだのち、思い切りで突破していくこと。の繰り返し。

4ピッチ 5.11- 35m
出だしのハングは、ガバホールドがあるので、見た目よりは簡単に突破。
核心は、終了点手前10mのハンドクラック。
しっかりジャミングが効くポイントを見極め、クラックに足をねじ込み、
パワーで突破。
かなり負荷のかかるポイント。

5ピッチ 5.8 25m
出だしは右にとって、フェースを直上。
その後、ハンガーに導かれることなく、
バンドを右に2mほどトラバースしたのち、スラブを左上。
フリクションがあれば楽に登れるパートのはず。今回はこのピッチで雨が本降りになり始め、
かなり辛い登攀。


結果、ノーテンでトップアウトでき、大変満足のいくクライミングとなりました。

下山は、5ピッチ目の終了点からさらに上に登り、岩の基部を左に巻く形で下山。

フォトギャラリー

ここはスルーして3峰取り付きへ

さあ始まります。

2ピッチ目は、パワー系のムーブで突破。

夢に描いた3ピッチ目。

芸術的なフィンガークラック。

4ピッチ目はここは簡単ですが。

この先のハンドサイズのクラックが厳しい。

最後は、感動に浸る間もなく、土砂降りでした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

コマーシャルモール博多店 - 登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部