ecoで好日。エコジツ

太陽

100年先の山トモへ

未だ見ぬ100年先の山トモと、今見ている景色を共有するために

「深い緑、沢を流れる冷たい水、燃えるような紅葉、すべてを純白に見せる雪」
山や自然の情景を、今ある形で10年、50年そして100年先にも今の私たちと
同じルートを登っていく「山トモ」のために残したい、と私たちは考えます。

しかしながら現在、世界規模での気候変動は自然界のありとあらゆるところに
影響を及ぼしており、私たちの愛する自然豊かな山というフィールドにおいても
それは顕著となっています。

考えているだけでは始まりません。
私たちは実際の行動へと移していきます。

美しいこの景色を、できる限り今あるかたちで引き継ぐためにも。

96年目の約束

大切に使う
・リサイクルダウンの回収
・リサイクルウェアの回収
・メンテナンスサポートデスク
守る
・六甲山グリーンベルト事業
・「高尾の森づくりの会」へ参加
・パワーシフト導入
無駄をなくす
・マイバック推奨
・マイボトルもっとる運動

守る

六甲山グリーンベルト事業「山まゆの森」活動

国土交通省・近畿地方整備局・六甲砂防事務所が推進している「六甲山グリーンベルト事業」は、阪神淡路大震災で傷んだ山を市民・企業参加型で安全に整備していく目的で始まりました。
好日山荘では、四季を通じて多くの登山者により親しまれている六甲山を明るく陽の差す元気な森にする「山まゆの森の環境整備」を通じて、次世代への登山文化を啓もう・継承していく活動を定期的に開催しています。

守る

「高尾の森づくりの会」への参加

社団法人「日本山岳会」の自然保護委員が中心となって発足した森林ボランティア団体「高尾の森づくりの会」へ参加。
かつて高尾にあった「多様で豊かな森」を復元することを目標に、広葉樹の植樹や下草刈り、ツル切り、スギ・ヒノキ除間伐などの森づくり活動に協力しています。

無駄をなくす

マイボトルもっとる運動

好日山荘の全スタッフがペットボトル等の利用を控え、マイボトルを持参しよう、という運動です。好日山荘のエコな取り組み、「エコジツ」のロゴマーク入りオリジナルボトルをスタッフに1本ずつ配布。毎日使うものだからこそ、日々自然とエコ意識が芽生え、楽しくゴミの削減に取り組みます。
好日山荘では機能的な水筒やボトルをたくさん販売しております。
皆さんもお気に入りを見つけて一緒に始めてみませんか?

大切に使う

メンテナンスサポートデスクの設置

好日山荘では、お客様の大切な山道具を永くご愛用いただくことを目的に、全店にメンテナンスサポートデスクを設置しています。靴やザックなど山道具の修理からお手入れのご相談まで、好日山荘の山好きスタッフがメンテナンスに関する幅広いアドバイスをさせていただきます。
お客様それぞれの思いが詰まった“大切な山道具”だからこそ、メンテナンスに関するご相談は好日山荘にお任せ下さい。

大切に使う

パタゴニア社製品リサイクル回収

ウエアやギアを修理し、リユース・リサイクルするパタゴニア社の活動に賛同し、十分にご使用いただいたパタゴニア社製品の店頭回収を行います。
回収対象となるパタゴニアアイテムをお持ちのお客様は、全国の好日山荘までお持ち下さい。
私たちが責任を持ってパタゴニア社へお渡しすることで、リサイクルの輪を広げて参ります。

大切に使う

リサイクルダウンの回収

捨てられるはずだったダウン製品を回収し洗浄・精製加工し、新たな羽毛製品として甦らせる"Green Down Project"に参加。
ダウンはおよそ100年使用することができる、まさにサスティナビリティな資源。ダウンアイテムの回収を好日山荘の各店舗にて行い、限りある資源を次の世代へと残します。
また、信頼のメイドインジャパンブランドであるシュラフメーカーの(株)ナンガ製リサイクルダウンシュラフの販売も予定しております。

守る

パワーシフト × みんな電力

好日山荘では、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会の実現に向け、電力(パワー)のあり方を変えていく活動に取り組んで参ります。
2020年4月、神戸にある好日山荘デリバリーセンターより順次「みんな電力」を導入し、電力との関わりを見直していきます。

無駄をなくす

レジ袋利用削減・マイバッグ利用の推奨

好日山荘では環境保全の一環としてレジ袋の利用を削減し、マイバック利用を推進します。
2020年4月6日(月)よりレジ袋の無料提供を終了し、今後は、レジ袋(プラスチック製袋 1枚5円/紙製袋 1枚10円)を有料といたします。

  • プラレジ袋5円

  • 紙袋 1枚10円

毎月16日はエコの日

8月のエコジツテーマは

[マイバッグ]

好日山荘では環境保全の一環として
レジ袋の利用を削減し、マイバッグ利用を推進します。

8月のエコジツテーマは

マイバッグ

前のページへ戻る