おとな女子登山部レポート寒空でちょこっとほっこり 越後白山 

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
日程
2017年02月19日 (日)~2017年02月19日 (日)
メンバー
友人一名
天候
曇/雪
コースタイム
駐車場(20分)一合目(40分)三合目(60分)七合目(30分)避難小屋(20分)七合目(20分)三合目(20分)一合目(20分)駐車場
コース状況
・尾根線往復、1~3合目は急登。下りはアイゼンがあると安心です。
・8合目~小屋まで広い雪原、視界不良時は注意です。
・駐車場のトイレは使用不可。慈光寺で借りれます。
難易度
Google Map

感想コメント

 雪が舞い散る中、名刹慈光寺と越後白山を訪ねてきました。

 慈光寺へ至る杉並木は雪を湛え、他の季節よりもピリッとした空気が漂い厳かな雰囲気です。眠気も吹っ飛び気合十分、しかし一合目に到着し右手の尾根を見上げた途端その急登ぶりに一気に萎えてしまいました。こんなに急だったっけ??記憶を辿りながら息も絶え絶え登ると三合目で漸く緩やかになり一段落。

 すると今度は雪が舞い散り始め視界は悪くなるばかり、恐ろしい形に成長した雪庇はこれ以上進むのを拒んでいるかのようでした。引き返すか迷っていると、出発時駐車場でお会いした常連のご夫婦が登ってきました。
 ここ最近山でお客様に会うことが多く、前回の二王子や五頭山ではたくさんの方にお会いしました。山という過酷な場所で、知っている顔を見るとついつい嬉しくなり、もう少し頑張ろうかなという気持ちになります。その逆もあって、山で初めて会った方がわざわざお店に来てくれることもあり、そんな時この仕事をしていて良かったなーと感じます。
 お二人はもう少し進んでみる、と元気に登って行ったのでじゃあ私達も…と登る決意をした瞬間、ガスが晴れて素晴らしい雪景色が広がりました。

 晴れ間は一瞬だけ、すぐにまた白い世界に戻りましたが視界は良好、無事に避難小屋までたどり着けました。中で暖かい食事を摂った後、期待して扉を開けてみるとさっきと変わらない景色。さっさと下って温泉だ~と一気に三合目まで駆け下りましたが、ここから先は一筋縄ではいきませんでした。アイゼンを付けていても滑って転倒、そんな時は諦めてそのまま尻セード。結果的には時短となりましたが、パンツに穴が空かないかひやひやでした。
 帰りに慈光寺に立ち寄り、天狗様に下山の報告をしてこの日は無事終了となりました。

フォトギャラリー

慈光寺。雪の時期はまた良い雰囲気。

杉の巨木が立ち並ぶ参道。

テンと目が合ったと思ったら一目散に逃げてった。黄色くてかわいいヤツ。

一合目の急登。

ブナ林。

雪庇が出てきた。

鎌首をもたげたような形。

ガスが晴れてきて・・・

キター!でも一瞬。

下りずに登ることにしました。

この辺ホワイトアウトしたら恐いなあ。

避難小屋着いたー。はしごを登って二階から入ります。

染みる~。

慈光寺境内。ひっそり。

キュン(´艸`*)

お地蔵様の後光の形がスノーシューに見える。あと何回履けるかな。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
好日山荘webshopタイムセール 好日山荘webshopタイムセール