おとな女子登山部レポート谷川東壁パノラマルート 白毛門~赤沢山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
日程
2017年03月04日 (土)~2017年03月05日 (日)
メンバー
山の先輩方
天候
ピーカン!
コースタイム
1日目:土合駅(5分)土合橋バス停(150分)松ノ木沢ノ頭(60分)白毛門(30分)テン場(1600m付近)

2日目:テン場(150分)1482m地点(90分)赤沢山(40分)土合駅
コース状況
・松ノ木沢ノ頭を越えると所々クラック発生してます。頂上直下は急登、要アイゼン、ピッケル。

・白毛門~赤沢山周回コースほぼトレースなし、ワカンやスノーシュー必須。ルートファインディング力試されます。

・車は土合駅に停められます。ありがたい暖房付きトイレが利用可能。
難易度
Google Map

感想コメント

 絶景の谷川東壁を眺められるコースを2日間かけて歩いてきました。テントや燃料は持ってもらったとはいえ、冬装備を担いでの雪山は初めてだったので大変良い経験となりました。

 この日は新潟とうって変わって関東はどピーカン、大勢の登山客やスキー客で賑わっていました。白毛門まではずっと登りが続きますが、それほど危険箇所も無く、何より湯檜曽川からせり上がる谷川の大岩壁を間近に見られるだけあって人気のコースです。荷物が重くスピードが上がらなかったので、日帰りハイカーに道を譲りつつ進みました。途中クラックに全身はまってしまい、渋滞を引き起こすというアクシデントもありましたが、何とか頂上へ。朝日岳へのルートにも惹かれましたが、東に進路をとり雪がたっぷりの穏やかな尾根を下りテン場へと向かいました。

 雪山テントは初めてだったので寝れるかとても心配でした。厚いマットやシュラフ、カバーやダウンパンツなど寝具にこだわった初のテント泊は、最初の不安はどこへやら、あっという間に夢の中へ。山ではあまり寝つきが良くないことが多いので、条件が良かったせいもありますがぐっすり眠れて自分でもビックリです。

 翌朝も思い描いた以上の快晴、上州武尊から昇る朝日に照らされ谷川連峰は薔薇色に。山で朝日を浴びるのは一番気持ちの良い瞬間です。荷物が少し減ったので昨日より軽いかと思ったのですが、あまり重さは変わらず、山でのあるある七不思議です。2日目のコースはトレースの無い道をワカンを付けてアップダウンの繰り返し。高度も下がり風が無く暑いこと、それでも谷川岳がずっと見えていたので励まされました。

 赤沢山からしばらく西側に進み、土合の三角屋根が見えたところから一気に南下を開始しました。ふかふか雪と違って春の雪は湿気を含んでとにかく重いこと。足を何度もとられ、やっとこさ脱出できたと思ったら数秒も経たないうちにまたはまってしまうという始末。フィナーレは一番難儀しました。ようやく下り終えて車道に出ると、白毛門とテントを張った稜線が青い空をバックに眩しく輝いていたのでした。

 

 

フォトギャラリー

谷川モルゲン!

土合駅からスタート。目指すは前方の白い頂。

トレースの一歩一歩が大きくて息が上がりました。

沢山の人が登っていました。

白毛門頂上はまだ遠い。クラックかなり入っています。

この岩壁の迫力よ。

白毛門から東へ。

トレースつけるの楽しいな。

本日のお宿。

本日のメインディッシュ。

上州武尊からご来光。

白毛門もピンク。

さあ出発。

登っては。

下って。

登っては。

また登る。

至仏山が見えた!

ゴールはもうすぐ。

ロールケーキ。雪が重いので綺麗に巻かれてます。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
好日山荘webshopタイムセール 好日山荘webshopタイムセール