おとな女子登山部レポート守門に来たのに雪庇見れず~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
日程
2017年04月04日 (火)~2017年04月04日 (火)
メンバー
単独
天候
曇り
コースタイム
二口登山口(90分)長峰付近(30分)保久礼小屋(120分)大岳(30分)保久礼小屋(20分)長峰(60分)登山口
コース状況
・二口の駐車スペースは5,6台ほど。トイレなし。
・保久礼小屋まではトレース様々ですが、ワカンやスノーシューの後が確実なショートカットです。
・大岳への登りは風が強いので手袋だけは冬用がおすすめです。
難易度
Google Map

感想コメント

 東洋一の大雪庇で有名な守門(すもん)岳。今年は特に雪が多く、雪庇も美しいとの情報を聞きつけ早速行ってきたのですが…残念無念、視界が悪くただただ白いだけでした。

 登山口は二口の最終除雪地点から。踏み固められてはいますが、最初からスノーシューやワカンをつけた方が歩きやすいです。全国から雪庇を一目見たいと大勢の人が訪れるので、トレースはあちらこちらにできています。この日は昼から晴れ予報、朝のうちはどんよりしていて私の他にはスキーとボードの方が3名だけ入っていました。

 時間がたってもガスは一向に取れず、稜線に出るとますます濃くなっていきました。視界が真っ白になることもあり、戻ろうかと思う度に僅かに晴れるので、期待してはまた少し進むという繰り返しでした。そんなこんなでいつの間にか大岳に着いてしまいましたが、雪庇も何にもなくただ白いだけ。仕方なく下山、保久礼小屋まで下ったあたりで狙ったかのように晴れてきました。

 お気に入りのサングラスは落とすしトホホ…。雪解けが進み雪庇が落ちるのは間もなくです。果たして大雪庇をこの目に収め、サングラス回収という雪辱を晴らすことはできるのか…!?

フォトギャラリー

一寸先は…白!

山頂見えない。この道の左尾根に取り付きます。

かわいこちゃんと目が合った(´艸`*)

ここを越えると長峰。

スキーの人に追いついた!

夏は駐車場になるところ。下ると小屋。

保久礼小屋。

雪が深くなります。

天気良くない。

キビタキ小屋埋まっとる。

むむむ…。

諦めて下るとボーダーとスキーヤーの方が登ってきた。もう少し粘るということだったので、私も!

撮る画がないのでスノーシューの跡。雪山でシャコが歩いてる。不思議だ…。

大岳。らしいす。

下るとみるみる晴れて…

今なら雪庇が見れているだろうに。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
好日山荘webshopタイムセール 好日山荘webshopタイムセール