おとな女子登山部レポート西蒲三山縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
日程
2017年04月28日 (金)~2017年04月28日 (金)
メンバー
単独
天候
曇→晴
コースタイム
国上寺(25分)国上山(25分)剣ヶ峰(15分)黒滝城址(35分)猿ヶ馬場(15分)雨乞山(65分)弥彦山(40分)多宝山(30分)石瀬峠(15分)間瀬分岐(45分)樋曽山(50分)福井山(10分)五ヶ峠(60分)角田山(35分)五りん石登山口 約8時間
コース状況
わかりにくい場所
①黒滝城址からの下り口〈搦手道・麓〉と書いてある看板を下る
②雨乞山からガードレールを跨いで弥彦縦走路に出る
③石瀬峠からスカイラインを歩き岩室方面へ向かう道路の左側にある工事のプレハブ小屋の裏から樋曽山へ向かう
難易度
Google Map

感想コメント

 いつか行こう、そのうち行こうと思って今まで二の足を踏んでいた西蒲三山。蒸し暑くなる前に漸く行くことが出来ました。迷い易い分岐がいくつかあるので、常連のお客様に話を聞いたり、地図とにらめっこして事前に情報を集めて、いつも以上に慎重にリサーチして臨みました。

 若干のルートミスはありましたが、まだ日が高いうちに下山できました。雪割草やカタクリなど華やかな季節から、新緑とイチリンソウに彩られた爽やかな季節に移行していた登山道。時折涼しい風が吹き抜け、その先に目をやると水鏡になった越後平野と残雪の山々が輝いていました。このルートのベテランはピストンまたは7時間以内に下山するようですが、きれいな景色に見とれてキョロキョロしてしまう私にはちょっと難しそうです…。

フォトギャラリー

弥彦に来るとソフトクリームが恒例になってしまいました。濃厚クオリティ高し!

早朝の国上山。

弥彦は遠く大きい。

廓跡から朝日に照らされる越後平野。水田キラキラ。

黒滝城址。この辺りで道を見つけられずぐるぐる。

猿ヶ馬場。ようやく弥彦エリア。

今日の佐渡は霞んでる。

弥彦売店のトイレは靴を履き替えて利用しましょう。

角田はさらに遠い。心が折れそう。

スカイラインを歩いて間瀬に向かう交差点へ到着。この先の左側に登山道あり。

このプレハブ小屋の後ろに道が続いています。標柱なしで分かりにくい。

大ぶりのイチリンソウが見頃でした。

樋曽山の三角点ひっそりと。

糖分補給。Keep my Bisco!

福井山。ここから踏み跡いくつかありますが行っちゃだめ!と言わんばかりに木の枝で道を塞いであります。

五ヶ峠。角田から行くと見落としそうな縦走路入口。

角田では桜がまだ咲いてました。

下りの開けた伐採地から真っ白な守門が見えました。

小さな滝に癒されます。

五りん登山口に到着。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
好日山荘webshopタイムセール 好日山荘webshopタイムセール