おとな女子登山部レポート北海道はでっかいどう。トムラウシ~旭岳縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本社 荻野 なずな(おとな女子登山部)
日程
2017年07月26日 (水)~2017年08月30日 (水)
メンバー
あやや(おとな女子登山部)
取材陣2名
天候
快晴(1日停滞)
コースタイム
①東大雪荘(110)温泉コース分岐(60)カムイ天上(90)コマドリ沢出合(60)前トム平(50)トムラウシ公園(50)南沼キャンプ指定地(泊)
②南沼キャンプ指定地(30分)トムラウシ山(90分)北沼(180分)化雲岳(90分)五色岳(60分)忠別岳キャンプ指定地(泊)
③天候不良のため停滞
④忠別岳キャンプ指定地(90分)忠別岳(180分)高根ヶ原分岐(180分)白雲岳キャンプ指定地(40分)白雲岳(40分)白雲岳キャンプ指定地(泊)
⑤白雲岳キャンプ指定地(90分)北海岳(50分)荒井岳(100分)旭岳(60分)姿見駅++旭岳登山口
コース状況
特に危険個所は無し。
・南沼キャンプ指定地:水量豊富、携帯トイレブース有、無人
・忠別岳キャンプ指定地:水量豊富、トイレ有、無人小屋有(20名)、熊の目撃情報有
・白雲岳キャンプ指定地:水量豊富、トイレ有、有人小屋(50名)
難易度
Google Map

感想コメント

グッデイの前年度取材で北海道に行って来ました。

本州と勝手が違くて、入山までにハプニングはありましたが、何とか乗り切り、予定通りに入山できました。
しかし、ザックのヒップベルトを家に置いてくる、という失態を犯し、ずっと肩のみで荷物を背負い耐えたので、この山行で、自慢の猫背が更に助長された感じがします。

アルプスの山には例えられない、行き先が見えているのに、なかなか辿り着かない、雄大な「北海道の山」を満喫して来ました。

幸い、お天気に恵まれ素晴らしい山行になりましたが、無人の避難小屋や、キャンプ指定地を利用しての山行になるので、しっかり荷物を持てる体力と、長い行程をしっかり歩ける体力が大事です。

それでは、ちょいちょいUPするブログと、来年のグッデイの発売をお楽しみにお待ち下さい。

フォトギャラリー

でっかいどう

朝食

雪渓は軽アイゼン無しで歩けました。

びゅーてぃほー

見えてるけど、中々つかない

楽園

楽園

ひろい

マジックアワー

朝露でびちょびちょ

影もきまってるぜ

牙突で熊の襲来に備える

流れヤーマン

ガス晴れ待ち

ひろい

北海岳の山頂

有毒温泉

ひろい

旭岳の登り

下山後のお楽しみ

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
好日山荘webshopタイムセール 好日山荘webshopタイムセール