今年も日高の沢へ~トヨニ川右股右~左股沢

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
小山田 隆博
サッポロファクトリー店 店舗詳細をみる
日程
2020年07月22日 (水)~
メンバー
小山田 他1名
天候
曇り時々晴れ
コースタイム
駐車帯(5時間)トヨニ岳北峰(1時間)南峰(3.5時間)国道
コース状況
〇トヨニ川右股沢
 中級レベル。アプローチがとても楽である。国道からすぐに沢に入ることができる。1時間ほど林道を歩くと徐々に滝が出てくる。極端に難しい箇所はなく、ある程度沢に慣れていればロープなしで遡行は可能。源頭も踏み跡を上手くたどると藪こぎ少なく北峰に至る。途中の二股を左に取ればトヨにカールに導かれる。
〇トヨニ川左股沢
 上流部は長いガレであり、落石に注意が必要。核心部は短いが下りの場合は2~3回の懸垂下降が必要
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

 今年もトレーニングと日高のシーズン初めにトヨニ川に行ってきました。本当は一泊でゆっくりしたいのですが、仕事の都合もあり日帰り。荷物を軽く、スピィーディーに行動すれば十分にこなせる行程ではあります。
 トヨニ川の良いところは国道からすぐに沢に降りれるところ。長い林道歩きが多い日高にあって非常にありがたい。前日まで予報は大雨でしたが、諦めきれず向かってみるとさほど雨は降らず。パートナーも含めて日頃の行いのお陰か・・・。右股沢は中間部から滝が連続しますがそれほど困難な箇所はなく快適に登れます。もっとも今回はかなりの雪渓が残ってましたが。チラホラと青空も覗くコンディションの中5時間半ほどで頂上に到着。
 流石に頂上を含めて稜線はちょっとガスがかかり風がありました。日高にしてははっきりとした踏み跡を南峰たどり、ここから左股沢へと下降します。はじめはガレが沢をしばらく埋め尽くし落石を起こさないように注意が必要です。ようやく滝が出てきたと思ったら懸垂下降とちょっときわどいクライムダウン。沢は遡行よりも下降の方が慣れが必要かもしれません。最後はちょっと長い川原歩きから国道に這い上がり、そこからランニング3kmで駐車帯に戻って終了!10時間の長い行動でした。

 帰りは三石の昆布温泉で汗を流して軽く食事をして帰りました。やはり日高は良いですね。今シーズンは何回行けるかな?

フォトギャラリー

右股沢は快適な滝が連続します

雪渓はかなり大きめ

迫力ある滝です

心配していた天気も、杞憂に終わりました

北峰の頂上

南峰は小さな赤布があるだけ

だんだんと谷が深くなります

クライムダウンで下る!今回は写真少なめです

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

サッポロファクトリー店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部