おとな女子登山部レポート屋久島0to0 4日目蛇之口滝~尾之間温泉

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
日程
2016年11月29日 (火)~2016年12月02日 (金)
メンバー
つじまい
天候
晴れ
コースタイム
山行9時間7分
05:21出発
淀川小屋→(47分)→淀川登山口→(482分)→尾之間温泉→(15分)→尾之間の海
14:28到着
コース状況
トイレ 淀川小屋 淀川登山口 
使用済み携帯トイレは淀川登山口にて捨てることができます。

鯛之川(たいのこ)の渡渉は、増水時は迷わず引きかえすこと。
尾之間温泉7:00~21:00 月曜日午前休
入浴料200円 
難易度
Google Map

感想コメント

屋久島四日目最終日。
この日歩く尾之間歩道がこの山行で最大の核心部です。

・この区間歩く人がほぼいないため、道が不明瞭
・鯛ノ川の渡渉が危険
・急傾斜の長い下りで疲労する
以上が事前に調べていた注意点です。

この日悪天候であれば、淀川登山口で終了する予定でしたが、四日間で一番の快晴。
行くしかない!と意気込み、朝は五時過ぎに出発しました。

淀川登山口に着いてもあたりはまだ真っ暗。
踏みあとを見失わないように、慎重に下りていきました。
二日前に出会ったガイドさんに、さんざん心配された尾之間歩道。
さすがに、険しくワイルドです。
藪こぎあり、倒木多数。日帰り装備なら、何の問題もないですが、
テント泊装備なので、いちいち疲労するんです。

淀川登山口から3時間。やっと鯛ノ川に出合いました。
水量はふつうでしたが、飛び石の選択を間違わないように注意しました。

ここからも、また長~い道のり。
疲れがたまっているのか、ちょっとしたとこで滑って転んでしまいます。
蛇ノ口滝の分岐の東屋があらわれたときは、本当にうれしかったです。
早速荷物をおいて、蛇ノ口滝へ。

実は蛇ノ口滝は、大川の滝、千尋の滝と合わせて屋久島三大名瀑。
車でアクセスできる他の2つとちがい、本格的な登山になるため訪れる人は少なく、秘境といったかんじの滝です。
落差30mの蛇ノ口滝は、なめらかな花崗岩の岩肌を水が流れ落ちる優しい滝。
エメラルドグリーンの滝壺も素晴らしい色合いです。

東屋へひきかえして、尾之間温泉へと急ぎます。
道はいつの間にか平坦で歩きやすくなり、最後には南国らしいビロウや、シダ、ヘゴが生い茂りまるでジャングル。
パッと明るくなったと思ったら、尾之間温泉に到着していました。

そこでは、二日前に出会ったガイドさんが待っていてくださっていました。
でもまだ、0to0は完成していません。
温泉の前に、15分ほど海まで歩いて、やっと海抜0mです!
達成感でいっぱいの四日間でした。

フォトギャラリー

秘境。蛇ノ口滝

淀川登山口まで下りてきて

すぐに反対側の尾之間歩道へ

明るくなってきた。

道は、木が生い茂る

大きな倒木に、階段がつくられていました!

鯛ノ川に出合う

気をつけてわたります。

木の下をくぐったり

木の上を歩いたり

しんどいけど美しい森です。

マムシ草

蛇ノ口分岐の東屋

蛇ノ口滝は、とても癒されます

苔のなかのベンチ

ガジュマルが出てきました

尾之間温泉に到着

モッチョム岳、次は登りたい!

念願の海!

帰りに手作りのキーホルダーをいただきました。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
finetrack(ファイントラック)ケアファイン オールウォッシュ(アウトドア製品用洗剤420g)

finetrack(ファイントラック)ケアファイン オールウォッシュ(アウトドア製品用洗剤420g)

berghaus(バーグハウス)ウィメンズ ベーシック トレック ショート / カラー NB2

berghaus(バーグハウス)ウィメンズ ベーシック トレック ショート / カラー NB2