前鬼川黒谷 沢登り

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
鷲尾
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2017年09月07日 (木)~2017年09月07日 (木)
メンバー
名古屋栄店      渡部
グランフロント大阪店 中村
グランフロント大阪店 栃尾
グランフロント大阪店 鷲尾
天候
曇り
コースタイム
黒谷吊り橋 ⇒138分⇒ 林道の橋(終了点)
コース状況
コケが多いのでラバーソールよりもフエルトソールが良い
気温が低かったがヒルの出没あり
大きなカエルが大量に出没
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス

感想コメント

12年ぶりの前鬼川。
こともあろうか、入渓点で間違えてしまい、
予定の孔雀又谷に行かずに黒谷に入ってしまいました・・・。

途中で、以前来た時と何か違うなぁと感じたものの、
もともと時間制限があり行けるところまで行き、
時間が来たらリバーダウンの予定でしたので、
突き進みました。

天気予報は雨でしたが、雨には降られませんでした。
しかし、曇りのため陽が当たらないのでかなり水温が低かったです。
ファイントラック社のフラッドラッシュを着ていなかったスタッフ1名は、
顔が真っ白で唇が紫色になっておりました・・・。


毎度ながら大峰の沢は、カエルが巨大すぎます!
岩と同化していて発見が遅れるので、
結構な至近距離で遭遇するので、恐怖MAXです!!!


時間が来たら撤退予定でしたが、黒谷は終了点で林道の橋にぶつかるので
そこから上がると林道を歩いて駐車場に戻れ、リバーダウンせずに済みました。
予定外の黒谷でしたが、短いながら滝もあり、なかなか楽しめました。
来年は「暑い」ときに、孔雀又谷にリベンジしたいです!

フォトギャラリー

天気が心配の中、行けるところまで限定で出発!

黒谷吊り橋の下より入渓します。

ここで黒谷出合まで下降するのを間違えて登ってしまいました。

お手製のワラジがほどけて結んでいる後輩を見守る兄貴たち。

曇りで気温も低いため、水温はかなり冷たい!

かなり冷たいけど、お約束の滝に打たれる図。

おたまじゃくしを捕まえる栃尾氏を観賞して、一休み一休み。

腰以上に水に浸かると、震えが止まりません・・・。

滝を見てテンションが上がります。その後、ダイブ!

この滝は巻かずに直登することになりました。

ラバーソールにはツライ、ヌルヌルの岩です。慎重に登ります。

上から見ると結構な高度感!

穏やかな登りが続きます。

高巻きできないし冷た過ぎて泳ぎたくないので、両サイドからヘツリますが、結局2人とも最後はドボン☆と落下。

少し小雨がパラつきましたが、すぐに止みました。

沢登り楽しい!とハイテンションな仲良し2人組。

クライミングも好きですね!

乾いた岩なら、ラバーソールのヘツリは強いです。

そろそろ時間切れになるので速足になります。

林道の橋が見えたら終了です!お疲れ様でした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス