お天気に恵まれなかった薬師岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2013年07月27日 (土)~2013年07月29日 (月)
メンバー
天候
■1日目 曇り、夕方から雨 ■2日目 曇り、午後から雨 ■3日目 朝から土砂降り
コースタイム
■1日目 折立登山口→(115分)→三角点→(105分)→五光岩ベンチ→(70分)→太郎t平→(25分)→薬師峠
■2日目 薬師峠→(90分)→薬師岳山荘→(55分)→薬師岳頂上→(40分)→薬師岳山荘→(70分)→薬師峠
■3日目 薬師峠→(20分)→太郎平→(35分→五光岩ベンチ→(70分)→三角点→(70分)→折立登山口
コース状況
■折立登山口~太郎平
安定した緩やかな登り。
危険箇所はない。
ところどころにベンチがあって快適。
三角点を超えると、草原が広がり景色がとてもよい。
太郎平付近のお花畑がきれい。
※太郎平小屋に水があります。

■太郎平~薬師峠~薬師平~薬師岳
薬師峠から薬師平の間は急な登り。
沢を横切ったりすることがあるので、水量の多い時は注意。
薬師平はお花がきれい。
※薬師岳山荘には水がありません。
薬師岳山頂付近は歩行注意。つまずいて滑落、ということがないように。
難易度
Google Map

より大きな地図で 薬師岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

昨年の9月、立山を縦走して剱岳に登りに行った時、一ノ越から見えた五色ヶ原に心が惹かれました。
緑の湿原が広がる「ミニ雲ノ平」のようなところということ。
そんなわけで、今回、五色ヶ原と薬師岳をつなぐ山行を計画。
立山と折立にそれぞれ車を置いておいて、テント泊で折立から2泊3日で薬師岳→五色ヶ原→室堂を縦走するプランです。

ただ、天気に不安がありました。
富山の天気予報では1日目(7/27)曇り、2日目(7/28)曇り、3日目(7/29)曇り後雨。
下界の天気がこれなので、山の上の天気は期待できず。
それでも、一瞬でも現れるであろう絶景を期待して登り始めます。

折立からの登山道はきつい坂もなく快適。
ただ、テント泊装備の荷物が重い…
寝不足もあってからなかなかペースが上がらず、どんどん後ろから抜かれていきます。
もっと荷物を軽くしないとダメだなぁ。

もくもくと樹林帯を登り、視界が開けると、そこは三角点のベンチ。
たくさんの人が汗を拭いています。
ちょっと休んでから先へ進むと、草原が現れ、たくさんのニッコウキスゲの黄色い花が風に揺られています。
とても綺麗な眺め。

五光岩ベンチまで来ると、ちょうど薬師岳を覆っていたガスが晴れ、全容が見えました!
う~ん、とても大きなお山ですね。
登るのが楽しみになってきます。
でも、すぐに頂上は再びガスに覆われ、その後、姿を見ることはできませんでした。
太郎平の手前にはチングルマなどのステキなお花畑があります。

なんとかコースタイム通りに太郎平に到着。
正面に水晶岳が見えます!
お休みがたくさんあったら、このまま雲ノ平へ抜けて、北アルプスを満喫したいね。
太郎平でお昼ご飯を食べて、薬師峠のキャンプ場へ。

このキャンプ場はとても素敵です。
水場では流しそうめんができそうなくらい水がじゃぶじゃぶ流れています。
そしてトイレがきれい。
さらに、なんとゴミ捨て場があって、ゴミが捨てられます。
山のテント場らしくない感じですね。

かなり眠たかったので、テントの中でお昼寝。
夕方、起きて晩御飯を作ろうとしたら雷とともに大雨が!
止みそうにないので、テントの中でお鍋をしました。

この夜、テントの中で地図を見ていて、「明日はテントを担いで10時間も歩かないといけないんだ!」ということに気づきました。
今日の感じだと、とても10時間もあるく気力はなく。
お天気も悪そうだし、今回は五色ヶ原は諦めて、同行者と相談して薬師岳の往復にすることにしました。
そしたら気が楽になってたっぷり眠れました。

2日目、晴れ間を期待していたのですが、やっぱり曇り。
荷物を軽くして薬師岳に向かいます。
ぜんぜんガスが晴れる気配がないので気が重い。
薬師平あたりはお花がたくさん咲いていてきれいです。

晴れたらものすごい絶景の稜線を歩いているんだろうけれど、真っ白なガスの中、落ちないように地面を見て歩きます。
それほどキツイ登りもなく山頂に到着。
寒く、やっぱり晴れそうにないので、すぐに下山します。

お昼頃薬師峠のテントに戻ってきましたが、すぐに雨が降りだしました。
午後は降ったりやんだり。
またたっぷりお昼寝できました。

3日目、朝の2時頃から雨が降り始めていました。
5時に起きたらすでに土砂降り。
テントの周りに水が流れていました。
さっと朝ご飯を食べて、テント撤収!
雨の中のテント撤収は大変です…
おまけに水をたっぷり吸って重い…

登りよりも重くなったザックを背負って、濁流になった登山道をがんばって降りてきました。

お天気が悪く、景色はほとんど楽しめなかったけれど、お花がきれいでした。
五色ヶ原~スゴ乗越~薬師岳の稜線はナイフリッジやガレ場など危険な箇所が多いようです。
どうしても五色ヶ原には行きたいので、今度は室堂から向かおうかなあ。
薬師岳もお天気がいいときにリベンジしたいです。

フォトギャラリー

初日、ほんの15分ほどですが、ガスが晴れて、薬師岳の頂上が見えました!

太郎平までよく整備された登山道

太郎平へ続く尾根道。快適です

太郎平から薬師岳方面。コバイケイソウがたくさん咲いています

太郎平から水晶岳

太郎平から20分ほど下ると薬師峠キャンプ場。水場あり、トイレきれいのステキなテント場です。

2日目、ガスの中、薬師岳を目指します

ほとんど視界がありません…

真っ白な中を歩いていると、お!何か見えた!

薬師岳頂上2926m。今回はここで引き返します

ニッコウキスゲがきれいでした

イワイチョウ

白いタテヤマリンドウだと思われます

チングルマ

ミヤマキンバイ

キヌガサソウ

ウサギギク。花びらの先がウサギの耳みたい

ハクサンチドリ、かと思ったらヨツバシオガマでした。よく似ています

アオノツガザクラ。四国の西赤石山で見たツガザクラと少し違います

ハクサンイチゲの大群生

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部