塩見岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
藤谷 康輔
日程
2013年08月21日 (水)~2013年08月22日 (木)
メンバー
各務原店 大渕
天候
曇りのち晴れ
コースタイム
一日目
ゲート-(45分)-鳥倉登山口-(160分)-豊口山分岐-(25分)-三伏峠小屋-(65分)-烏帽子岳-(45分)-三伏峠小屋

二日目
三伏峠小屋-(10分)-三伏山-(40分)-本谷山-(65分)-ゴーロ-(20分)-塩見小屋-(55分)-塩見岳西峰-(5分)-塩見岳東峰-(40分)-塩見小屋-(15分)-ゴーロ-(60分)-本谷山-(45分)-三伏峠小屋-(100分)-鳥倉登山口-(35分)-ゲート
コース状況
迷いやすい場所は特になく、比較的安全に登れるコースだと思います。三伏峠小屋からゴーロ付近までは、それほど急ではないものの、アップダウンが出てくるので、焦らずのんびり行きましょう。
塩見岳頂上直下は、コース上に、南アルプスでは珍しい岩場が出てきます。ストックが少々邪魔になるくらいで、とても危険というレベルではないですが、足を滑らせないように注意が必要です。
難易度
Google Map

より大きな地図で 塩見岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

三伏峠小屋にテントを張って、荷物を置いたまま身軽な格好で山頂を往復できるので、緩すぎずハードすぎず、ほどよいテント泊山行が楽しめる山だと思います。駐車場から小屋までは、テント泊装備の荷物を背負って4時間弱歩きますが、ゆっくり行けばそれほどきつくはないでしょう。
また、三伏峠から烏帽子岳に向かう道の途中には高山植物が咲き乱れ、花好きの登山者は心がくすぐられることでしょう。
塩見岳の頂上からはもちろん、烏帽子岳の頂上からも、南アルプスの山々の雄大な稜線が眺められ、改めて山脈の大きさを感じることができました。天気にも恵まれ、富士山、白根三山、仙丈ヶ岳、蝙蝠岳などが見えたことも嬉しかったです。

フォトギャラリー

このゲートの手前に駐車場があります。そこに車を停め、登山口まで45分ほど歩きます。

鳥倉登山口です。

こんな風に木の階段も出てきますが、慎重に歩けば大丈夫です。

三伏峠です。峠という名が付く中では、日本一高いそう。

大渕君のMSR、一人用テント。

三伏峠小屋のテント場からも、塩見岳が見えました。

花を楽しみながら、烏帽子岳に向かいます。

烏帽子岳頂上です。後方は塩見岳。

テント場でご飯。明日のために、エネルギーを蓄えます。

翌朝、塩見には雲がかかっていました。しかし、これはこれで幻想的です。

ゴーロ付近を過ぎ、本格的な登りになります。

塩見小屋。小さくて質素で、味わいがある小屋でした。

間ノ岳(左)と農鳥岳。

富士山も、短い間でしたが、綺麗に見えました。

やりました!塩見岳登頂です。

塩見小屋から見た塩見岳(左)。右は天狗岩。

三伏峠小屋。あと少しです。

三伏峠小屋のテント場。

帰りものんびり、慎重に、かつはしゃいで下山します。

鳥倉登山口に無事下山。お疲れ様でした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
berghaus(バーグハウス) ベーシック トレック パンツ / カラー NB2

berghaus(バーグハウス) ベーシック トレック パンツ / カラー NB2

berghaus(バーグハウス) ベーシック トレック ショート / カラー NB2

berghaus(バーグハウス) ベーシック トレック ショート / カラー NB2

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部