鎌倉の紫陽花巡り天園ハイク・明月院~建長寺へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2014年06月16日 (月)~2014年06月16日 (月)
メンバー
天候
晴れ
コースタイム
北鎌倉駅(25分)→ 明月院(20分)→ 天園ハイキング明月院側登山口(20分)→ 十王岩の展望碑(20分)→ 建長寺の回春院(30分)→ 浄智寺
コース状況
危険箇所なし。
住宅街も歩くので、看板の見落とし注意です。

建長寺側からのコースは拝観料がかかりますので知っていた方がよいと思います。
難易度
Google Map

より大きな地図で 明月院 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

梅雨とは思えない洪水大雨に見舞われ、最近の山行も足止めを食らってましたが、ようやく梅雨の一休み快晴に恵まれたこの日は、紫陽花目当てに小古都 鎌倉に行きました。意外にもハイキングコースや低山があるようで久々に歩き回りました。

まず、一回戦目は紫陽花寺とも言われる明月院側から行くコース。
早朝にもかかわらず、明月院や紫陽花目的の寺院は人手が多いです。
賑やかな明月院の左脇にひっそりと住宅地へ向かう急坂を行き、登山口到着。
なかなかわかりづらいアプローチです。

途中、登山道でも紫陽花は見頃です。
観光地よりは、むしろこちらの方が落ち着いてひっそりと観賞できます。

なかなかオツな山行でした。

そして、歩き足りない私たちは次の目的地へ向かうのでした。
浄智寺 源氏山~大仏様への天園ハイクへ続く。

フォトギャラリー

青白紫な季節、紫陽花。

北鎌倉駅から超満員な紫陽花名所の明月院で観賞してから出口出て隣の細い道を行く。

途中、魅力的な喫茶店で大好きな珈琲を。鎌倉は喫茶店天国。

低山ハイクならではの迷い道、住宅街に突入。

ここまで登ると、看板もある。

登山口到着。

階段や滑りやすい箇所も突破して、

目立つ分岐ここは、、、

この分岐からの建長寺側へ抜けるには拝観料が必要です。で、私達は、こちらを通らずに、、、

十王岩からの展望。

右へ行くと拝観料が掛かる建長寺方面へ抜ける道。私達は左の細い細い登山道を行く。

この中を行くと一気に日陰が迫ってくる。

と、思ったら、明るく開けた景色。

紫陽花名所よりは静まり返る途中の登山道からの紫陽花。

木ベンチもあって、しばし鳥の鳴き声と戯れる。ここ、落ち着いてスキです私。

急に目の前に建長寺の回春院が現る。

ここからは、境内を歩きます。

途中、紫陽花や色んな花に出会う。

紫陽花とツツジの競演!

建長寺の観光客賑わいの中、次目指す浄智寺まで少し歩きます。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部