槍ヶ岳から大キレットを越え北穂高岳へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2016年08月02日 (火)~2016年08月05日 (金)
メンバー
おとな女子登山部 荻野なずな部長、つじまい
ゴールドウィン  小澤由紀子さん
グッデイ取材班  3名
天候
3日目 晴れのちガス 4日目 晴れ
コースタイム
3日目山行5時間46分
【05:51出発】槍ヶ岳山荘→(9分)→飛騨乗越→(24分)→大喰岳→(31分)→中岳→(63分)→天狗原分岐→(15分)→南岳→(5分)→南岳小屋→(94分)→長谷川ピーク→(98分)→北穂高小屋【12:30到着】

4日目山行5時間49分
【05:40出発】北穂高小屋→(109分)→涸沢小屋→(5分)→涸沢→(53分)→本谷橋→(39分)→横尾→(42分)→徳澤園→(30分)→明神館→(46分)→上高地バスターミナル【12:55到着】
コース状況
◎槍ヶ岳山荘から南岳までは、ゆるやかなアップダウン。
南岳小屋から緊張が続くので、小屋でトイレを済まし、休憩をとる。
高度感のある梯子、やせた岩場を下ると、大キレットの最低コルとなる。
長谷川ピークまで急な岩場を登りきると、ナイフリッジの稜線を三点支持で通過する。
稜線をまたいで反対側に移る際、小柄な女性は厳しく感じる。
A沢コルで休憩をとって、残りの標高300Mを一気に登っていく。
飛騨泣きと呼ばれる難所は、稜線の両側が切れ落ちているが足場がよく整備されており、
見た目ほど難しくない。
むしろ落石に注意して、石を落とさないように登ることが重要。
ヘルメットは着用率100%でした。

◎北穂高岳山頂は、小屋から階段を上がるとすぐ到着する。360度の大展望。
北穂高岳から南稜へは、急な下りのため転落に注意する。
すれ違いの際はお互い譲り合って、臨機応変に安全な場所で待つ。
とくにスラブ状の長い鎖・梯子で、渋滞となることが多い。
ゴロゴロの岩の上を下り続けるため足の疲労が大きい。固いソールの靴がよい。

◎涸沢から下山は樹林帯となり難しいところはない。
横尾から上高地まで11kmの水平道となる。

◎上高地バスターミナル~平湯・あかんだな駐車場までバスで約30分(片道1160円)

◎お手洗い
北穂高小屋、涸沢小屋、横尾、徳澤、明神、上高地多数あり。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

槍・穂高縦走の後半は、お天気に恵まれました。
朝起きると前日真っ白だった槍ヶ岳が姿をあらわしていました。
これから歩く稜線、振り返ると槍の雄姿が素晴らしく、カメラマンさんの仕事もはかどります(^^)/
南岳までは、雪渓やお花畑を楽しみながらルンルンで歩けるのです。

この先が今回の核心部。
山渓のアドバンス山岳ガイド『槍・穂高縦走』DVDで予習をしていなかったら、
え!道がなにもない・・となっていたことでしょう。
切れていて、ほぼ垂直に下っていく場面もありました。

長谷川ピークから緊張が続く難所となりますが、ガスが湧いてきました。
スッキリと晴れているほうが高度感があり、こわいかもしれません。
小柄なGWの小澤さんは、稜線マタギに緊張されていました。

最後の北穂高岳への登りはかなり急で高度差300Mをグングン登っていきます。
ここは石も落としやすく、下るのは嫌だな、と思う険しい岩場です。

北穂高小屋に到着して、しばらくするとポツポツと雨。やはり夏の天気は不安定ですね。
できるだけ早いうちに小屋に着くように、という意味がよく理解できました。

夜明け前、槍ヶ岳から続く大キレットの美しい稜線を目にする。
自分の足でここを歩いてきた、という達成感でいっぱいになりました。

取材メンバーのみなさま、ありがとうございました。

フォトギャラリー

槍とツーショットで照れちゃう。

雪がお好きなお二人。

ふりかえると、槍ヶ岳から歩いてきた道(^^)

南岳小屋が見えてきた

ここからが核心

梯子は、一人ずつ。

下りてきた南岳をふりかえる。

長谷川ピークからの下り

ひゅ~

おっかない下り。カメラマンさんが見守ってくれました。

部長は、さくっと下りていきます。

北穂高小屋が目前!

北穂高岳山頂で、ブロッケン、感動。

小屋の美味しいごはん。しょうが焼き。

北穂高に朝がきた。

朝日を皆で拝みます

槍ヶ岳~大キレット。歩いてきた稜線が一望です

奥穂・ジャンダルム方面

北穂高岳からの下りも気が抜けない

涸沢はもうすぐ(*^^*)

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

なんば店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部