今シーズンの雪山はじめは伯耆大山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
山口 英彦
日程
2016年12月25日 (日)~2016年12月25日 (日)
メンバー
WEB事業部 山口
天候
晴れ時々曇り
コースタイム
南光河原駐車場→44分→三合目→16分→五合目→7分→行者谷分かれ→14分→六合目避難小屋→34分→八合目→8分→石室方面との分岐→17分→大山頂上碑→19分→石室5分→石室方面との分岐→8分→八合目→25分→六合目避難小屋→7分→行者谷分かれ→2分→五合目→11分→三合目→27分→夏山登山口→5分→南光河原駐車場
■歩行:4時間11分
コース状況
登山口から積雪はありますが、深くありません。
ところどころで木道や岩が見えています。
6合目からアイゼンを装着。
雪はしっかり締まっており、歩きやすいです。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

昨シーズンは驚くほどの暖冬で雪が少なかったのですが、今シーズンは寒くなる雰囲気。
しかし、12月に入り寒くなったかと思えば、暖かさが戻ったりして、現時点では雪が多いとは言えない状況です。
そんなわけで、今年はまだ雪山に行けていませんでしたが、クリスマスである25日は日本列島は高気圧に覆われて全国的に晴れ予報ということで、伯耆大山に向かいました。

伯耆大山は残雪期と夏に登ったことがありますが、まだ厳冬期の大山の山頂の姿を見たことがありません。

朝の2時に起きて神戸を出発。
途中、少し寝て、朝ごはんを食べて7時に大山寺の南光河原駐車場に着くと、ほぼ満車でした。
快晴予報の休日ということで、今日は人が多そうです。

夏山登山道で登ります。
このルートは北側にあるため、朝のうちはまったく日が当たりません。
薄暗いブナ林をたんたんと登っていきます。
積雪はありますが、それほど深くなく、ところどころで岩や木道が見えています。
5合目までは緩やかな登りです。

6合目でアイゼンを装着。
雪は締まっていて歩きやすい。
7合目まで登ったあたりで、ようやく大山の稜線の向こうから太陽が姿を見せ、周りを明るく照らしはじめました。
枝についた雪がキラキラしてとてもきれいです。

6合目~8合目の急登を登り切ると、頂上の台地が現れます。
この景色がとても美しい。
ダイセンキャラボクに雪がつもり、白いモコモコとした物体がたくさん並んでいます。
木道はまだ雪に埋もれておらず、この木道を歩いて弥山の山頂に向かいます。
振り返ると弓ヶ浜の景色が美しい。

登山口から2時間半ほどで弥山の山頂に到着しまいた。
積雪が少なったせいか、ほぼ夏と同じコースタイムです。
ここから剣ヶ峰に続く稜線がきれいです。
※このルートは夏も冬も立入禁止となっています。

暖かく風もないので景色を眺めながら1時間ほどのんびりしていました。
こんなに暖かいのだったら、カップラーメンを持ってきたらよかったなぁ。
冬山装備なので行動食しか持ってきていませんでした…

雲が出てきたので、名残惜しいですが下山を始めます。
7合目あたりで雲に覆われますが、ここで思わぬプレゼントが!
雲の中を下っていると正面に丸い虹が出ました。ブロッケン現象です!
背中から太陽が照っていて、正面に雲がスクリーンのようになっているので条件はぴったりです。
ただ、下り坂なので虹の下半分が切れています。
思わぬクリスマスプレゼントでした。

大山の北壁を眺めるために、帰りは元谷のほうへ向かおうと思っていましたが、一向に南壁に日が差し込む気配がなく、諦めて夏道を戻りました。
この時期は太陽の角度が低く、北壁に日が差し込むのは1日のうちでほんのわずかな時間なのかもしれません。

天気がよく、とても楽しい雪山登山でした。
おそらくこれが今年の登り納めになるでしょう。
来年もたくさん山に登りたいです。

フォトギャラリー

弥山から剣ヶ峰を眺めます。美しい景色!

5合目まではブナ林をたんたんと登ります。朝のうちは日が差し込まず薄暗いです

6合目に到着。もう9時前ですが、太陽はまだ大山の向こう側に隠れています。暗いです。

スポットライトに照らされているようです

太陽が出てきた!

弥山が見えました。もうすぐです。

ダイセンキャラボクに雪が積もり、もこもことした景色になっています。

もうすぐ山頂

雪はまだ少なく、木道が出ています

振り返ると、弓ヶ浜が美しい

山頂の避難小屋が見えてきました

弥山の山頂に到着です。

剣ヶ峰へ続く稜線。美しい。暖かく風もなかったので、山頂で1時間ほどのんびりしていました

帰りは頂上を周回していきます

白と青の世界。美しいです。

白と青の世界。美しいです。

思わぬクリスマスプレゼント!下りでブロッケン現象に遭遇しました!

大山の南壁

上空もキラキラしてきれいです

伯耆富士とも呼ばれる大山。西側から眺めるとまさに富士山です。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部