新緑と花の武奈ヶ岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2017年06月13日 (火)~2017年06月13日 (火)
メンバー
なんば店 小田
アルバイトさん
つじまい
天候
くもり
コースタイム
07:55出発
坊村→(86分)→846m地点→(62分)→御殿山→(11分)→ワサビ峠→(13分)→西南稜→(24分)→武奈ヶ岳→(147分)→坊村
15:46到着
コース状況
名神高速京都東IC下車、湖西道路、国道477・367号で朽木方面に向かう。
大津市葛川坊村の安曇川にかかる曙橋を渡ると、市民センター前に無料駐車場がある。

トイレ 登山口のみ
水場 なし
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!

感想コメント

武奈ヶ岳(1214m)は、滋賀県の比良山系最高峰で、日本二百名山にも選定されている人気の山。
武奈ヶ岳は雪の時期に、一人で登ったことがありますが。
今回は、クライマーの小田さんとアルバイトさんを山好きにしようと思い、景色の素晴らしいこの山を選びました。

坊村、明王谷の入口にある明王院横が登山口。
朱塗りの橋をわたって、登山道へ。
植林のしっかりとした登山道ですが、かなりの急登。
スピードを上げないように、ゆっくりゆっくりと、楽しくお話しできるくらいがよいペースです。

はじめは杉ばかりでしたが、モミが増えてくると、少しゆるやかになり、休憩スペースがありました。
さっそく疲れが見え始めた小田さん。
ワールドカップ選手の彼女ですが、クライマーの筋力と登山の筋力は違うそうです。本当?(笑)

夏道と冬道がわかれ、夏道をすすむとトラバースの道をしばらく歩く。
パッと開けたところに出たので、コンパスで地図読みの練習をしました。

その先はタニウツギやベニドウダンが満開で、そのかわいさにみんな笑顔(*^_^*)
御殿山からは、これから目指す西南稜と武奈ヶ岳が一望でした。
一旦、ワサビ峠へ下って、登り返します。
本当に、ここからは素晴らしい稜線歩きです。

小田さんが西南稜からの景色を見て元気になってくれたので、ここからは彼女が先頭。

武奈ヶ岳に到着すると、360度さえぎるもののない大パノラマ。
美しい琵琶湖の中に浮かぶ島や、対岸の街。
歩いてきた稜線などが、素晴らしい景色で、とても感動しました。

また、お目当てのサラサドウダンが山頂付近で見れたので、うれしかったです。

キラキラとした新緑の中に、色鮮やかなお花。
武奈ヶ岳の魅力がたっぷりの、とてもいい時期に来れたと思いました。

フォトギャラリー

西南稜が素晴らしいです

登山口

ユキノシタ

植林地

タニウツギと青空

御殿山から武奈ヶ岳

ベニドウダンの道

ウグイスかわいい

ワサビ峠

稜線歩き

山頂着

琵琶湖の眺め

サラサドウダン

ごはんつくりました。

のんびりティータイム

下山するのがもったいない

気づいたら、ぜんぶバーグハウスでした

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!