八ヶ岳 裏同心ルンゼ~小同心クラック

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2018年12月19日 (水)~2018年12月19日 (水)
メンバー
つじまい
他1名
天候
曇り一時晴れ
コースタイム
赤岳鉱泉6時出発/14時到着
コース状況
赤岳山荘まで車で入ることができました。
赤岳鉱泉まで、2時間弱の歩き。
Google Map

感想コメント

今シーズン初の雪山は八ヶ岳へ!
アイスクライミング&冬期クライミングをどっちもやりたい・・
ということで、裏同心ルンゼから小同心クラックをつなげて登りました。

赤岳鉱泉へは前日入りして、裏同心へちょこっと偵察と練習。
翌日にそなえて、早めに切り上げ、赤岳鉱泉のテント場(なんと貸切!)で泊。
シーズン初めなので凍えるかと思いましたが、全然寒くなかったです・・。

翌日は、4時半起き、6時出発。
ちょうどF1の取り付きで、明るくなってきました。
継続登攀のため、スピードを最優先ということで、弱点をついて
パートナーはフリーソロで上がっていきます。
わたしはロープで確保されながら、できるだけ、早く。

F6を登り、大同心基部をトラバースしながら、小同心へ向かいますが、
天気がよくなく、ガスで風も強くなりました。
行くか、行かないか判断というところで、急に青空となり
今まで見えなかった景色が広がりました。
頭上に見えた大同心の雲稜ルートがとてもかっこよかった。
これは、行くしかない!!と、気合を入れなおして出発。

パートナーも初めてのルートでしたが、取付きもすぐにわかりました。
小同心クラックは3ピッチと短いルートですが、近くで見ると岩がそそり立って、かっこよすぎる!!
雪が真っ白の岩をグローブでクライミングするのは、わたし、初めてで緊張です。
とにかくガバをつかんで、チムニーに足を張って上がり、またガバを探して・・という感じで
とてもおもしろかったです。

登っているときはいいのですが、何より辛いのはビレイ中。
2ピッチ目で急激に天候が悪化し、強風で体温が奪われ、手の感覚が消えていきます。
早くして・・と私半泣き。
でもリードのパートナーより、フォローの私の方が時間がかかっていたと思います。
なのに、いつも笑顔で待っていてくれるパートナー。
心の余裕と、懐の違い!
経験を積んだら、私にも余裕が出てくるのでしょうか・・。

小同心の頂上まで出てきて、大同心とのコルから下りる予定をしていましたが、
真っ白で何も見えず、そのまま懸垂で下りる事になりました。
60mシングルロープ×3回の懸垂で、ギリギリでした。
大同心稜を下り、赤岳鉱泉に戻って、テントを片付け、楽しみにしていたカレー。
赤岳鉱泉のカレーは5種類もあるんです。
あたたかいって世界で一番幸せなことですね。

いろいろ勉強にもなり刺激だらけの楽しい2日間でした。

フォトギャラリー

小同心クラック2ピッチ目の最後

赤岳鉱泉までの道です

赤岳鉱泉でテント泊

翌朝6時に出発

裏同心ルンゼ

パートナーはフリーソロで

私は、ロープ確保してもらいました

大同心基部から小同心へ

真ん中の木、クリスマスツリーに見えませんか?

天気がよくなってきました

大同心を下から見上げる

阿弥陀岳かっこいいですね

1ピッチ目終了点から手を振ってる

はじめての冬期クライミングです

小同心頂上、ガス・・

懸垂×3回でおりました

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム