八ケ岳 阿弥陀岳北陵 

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2019年01月29日 (火)~2019年01月29日 (火)
メンバー
GR岸和田 石田
つじまい
天候
くもり強風
コースタイム
赤岳鉱泉5時半出発 13時半着
コース状況
前日の降雪で、トレースは無し
深いところで膝ほどの雪 
尾根上はラッセルで苦労したが樹林帯を抜けると締りのいい雪質
雪稜はシングルアックス使用
Google Map

感想コメント

阿弥陀岳北陵は、冬期バリエーション入門として人気。
今回は、わたくし冬の初リードに挑戦です(^v^)

一日目はジョウゴ沢でアイスクライミングを楽しみ、赤岳鉱泉泊まりです。
一晩中小雪が舞い、風も強くて、不安な夜。
4時半起きで、朝ごはんを無理やりつめこみます

やはりトレースは全くなく、少し道を外すと腰まで埋まってしまいました。
中岳沢からすぐに右の尾根に入り、ひたすら樹林帯の登り。
急な草付をシングルアックスで登りきると、雪稜に出て強風。
時折ガスが吹き飛ばされて、青空が見えます。
樹氷がきれい。

なんとか1ピッチ目の岩の取り付きまでたどり着く。(合っててよかった・・)
1ピッチは自分がリードすると事前に宣言していたので、1ピン目を探します。
ピカピカのペツルが打ってました(!
初めの垂直のクラックを登るところが核心でしたが、楽しく、あっという間に終了点。

次は交代して、バリエーションどころか冬山経験もほとんどない石田氏の番。
雪に埋まったハーケンは見つけられなかったものの、しっかり岩でプロテクションをとってくれました。
ナイフリッジを越えた先の木でビレイ支点をとる。
ここは雪が少ない方が切れ落ちているため、かなりの高度感でした。

あとは、雪の斜面を登っていくだけです。
私たちの足跡しかない!気持ちいい!
山頂では強風でした。

私個人的には下りの一般道の方がいやな感じでした。
こちらもトレースはありませんでしたので、ルートファインディングにやや苦労しました。

雪の状態を見ながら中岳沢を下りましたが、雪崩がよく起こるため注意が必要です。
赤岳鉱泉に着くと、知り合いだらけでついつい長居。
ちゃっかりアイスキャンデーまで楽しんでしまいました。

フォトギャラリー

ジョウゴ沢F2

小屋番の友人と再開

夜はステーーーキ

トレースは皆無

樹林帯をぬける

1ピッチ目

テラスで区切る

雪掘ったら出て来た

ナイフリッジ上でビレイ

ビビるつじまい

気持ちいい!!

ガスが一瞬ぬけて・・

山頂

下山です

いやなかんじ

中岳沢を下る

お疲れのご様子

行者小屋

おつカレー

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム
berghaus(バーグハウス)ウィメンズ ベーシック トレック パンツ / カラー O50

berghaus(バーグハウス)ウィメンズ ベーシック トレック パンツ / カラー O50

berghaus(バーグハウス)ウィメンズ アクシス ショーツ / カラー R14

berghaus(バーグハウス)ウィメンズ アクシス ショーツ / カラー R14