八ヶ岳 横岳西壁 中山尾根

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2019年02月26日 (火)~2019年02月26日 (火)
メンバー
つじまい
GR岸和田 石田
天候
晴れ
コースタイム
赤岳鉱泉→(80分)→1ピッチ目取付き→(6時間半)→終了点→(75分)→赤岳鉱泉→(80分)→赤岳山荘
コース状況
中山乗越から尾根を登って取付きへ。
雪が少ない上にトレースもあり、アプローチは容易。

稜線の雪も非常に少なく、春山のようだった。

60mダブルロープ、シングルアックス 使用

温泉情報
「もみの湯」は17時以降だと入浴料金が300円(!) ※2019年2月現在
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

前日は、日暮れまでアイスクライミングを楽しみました。
今回のメインは、バリエーションルート「中山尾根」
ふつうの登山道っぽいかんじで名前は地味なのですが、グレードとしては
人気の「赤岳主稜」「阿弥陀岳北陵」「石尊稜」より難しくなります。

中山尾根は、赤岳鉱泉と行者小屋の間の尾根です。
アプローチは簡単で、中山乗越から尾根を登っていきますが、雪が少ないため
30~40分程で、取付きに到着しました。
取付き手前が、雪のついた狭いリッジ状になっているのですが、、
私はこういうところがとても苦手です。

1p 石田リード
右にトラバースしてルンゼを上がるとやさしい(Ⅲ+)が、ペツルがたくさんついていたので、
正面(Ⅳ)を登ることに。
2~3m上がると、動きが止まる石田さん。かなり悪そうでした。
実際、見た目より持てなくて、焦りました。
上部は、高度感がありますが、やさしく楽しいです。

2p つじまいリード
岩を左にまわりこむと、プロテクションが多くとれそうだったので、そちらから行きました。
凍った草付で、アックスもそれほど効かず、スタンスも不安定。
右の岩のクラックを効かせて、なんとか上がれた感じです
岩を越えると、雪稜。木が多く、よきところでプロテクションとビレイ点がとれます。
フォローの石田さんは悪かった下部で、なかなか上がってこず、彼曰く「全ピッチ中一番難しかった」とのこと。

3p やさしい雪稜をコンテ

4P つじまいリード
雪稜が続くが、ところどころで岩混じりとなり、危ういところでカムを使いました。
上部岩壁まで、ほとんどロープいっぱい。

5p つじまいリード
ナルい凹角を登っていくと小さなテラスがあり、そこで一旦ピッチが切れるようですが、
それに気づかず、ハングを越えてその上で終了点をとりました。
トポではこのハング(Ⅳ+)が中山尾根で一番の核心とされています。
パワーと思い切りが必要ではあるものの、残置ピトンも多く、アイゼン手袋で越えることができました。

6p 石田リード
やさしい岩登りのあとは、雪稜となり、垂直の岩の下でビレイ点がとれます。

7p 石田リード
立っているがガバっぽく私でもいけるんじゃないか・・と一旦リードしたものの、
プロテクションが少ない上に、スタミナ切れ・・
最後の一手を出す勇気が無く、下りて石田氏に代わってもらいました。
フォローだったらなんなく突破できたので、気持ちの問題だなあと悔しく思います。
この先リッジを越えると、終了点。

稜線まではすぐで、赤岳方面へ歩き地蔵尾根から下山します。
すごくいいお天気、下りたくなくなりますが、時間はギリギリ。
登攀に6時間半もかかってしまい、反省点はたくさんありますが、
今回は、今までの経験を積み重ねた自分の山ができました。
アルパイン経験はほとんどないし寒がりなのに、一緒に登ってくれたパートナーに感謝です。

フォトギャラリー

1p目の最後

樹林帯を越えると岩が見えてきます

取付き前のリッジが地味にこわい

こわがっているのを冷やかす人

1p目は正面突破

後半はガバ多し

4p目は、岩まじりの雪稜です

寒いからか、目が死んでる

赤岳~阿弥陀の展望が素晴らしいです

5p目、がんばります

最後は核心のハング乗越し

最終ピッチ、ここも核心

越えた!!

終了点にて安堵

トラバースして稜線へでます

八ケ岳ブルー

よく登ったなと思います

ふりかえって横岳

下りたくなくなるほどの晴天

赤岳鉱泉に戻ってきました

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

なんば店 - 登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部