定山渓天狗岳~東稜・左クーロアール

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
小山田 隆博
サッポロファクトリー店 店舗詳細をみる
日程
2019年03月16日 (土)~2019年03月17日 (日)
メンバー
小山田 他2名
天候
曇り時々雪
コースタイム
一日目
林道入口(1時間)天狗平(2時間)エプロンフェース(30分)東稜(7時間)頂上
二日目
頂上(30分)左クーロアール取付き(2時間)中央稜(1時間)頂上(2時間)林道入口
コース状況
アプローチはわかんもしくはスノーシューが有効。
急峻な山容なので雪崩に注意。
【東稜】
エプロンフェースの登攀は急峻であり雪崩に注意。稜上にあがりロープを出す。
微妙なバランスの登攀からナイフリッジ、ブッシュクライミングと色々な要素が求められる好ルート。
【左クーロアール】
急峻な草付きと岩のクーロアール。細い潅木やブッシュで支点を取り、1ピッチもしくは2ピッチで中央稜に抜ける。ここからは2ピッチで頂上となります
難易度
Google Map

感想コメント

 今回も再び定山渓天狗岳に行ってきました。泊まり装備を持っての東稜はなかなか手ごわく、次の山行に向けて良いトレーニングとなりました。東稜は雪の状態によっても大きく難易度が変化しますがそれも冬季登攀ならではかもしれません。核心部の1ピッチ目をリードさせてもらいお腹いっぱいとなりました。

 頂上にテントを張り一晩を過ごした翌日は左クーロアール。以前登った時よりも随分と傾斜が強く感じられました。中央稜に抜けてからリードをしましたが、今回はそれほど雪に埋まることもなくあっさりと著上に抜けることができました。
 
 二日間とも天気は雪が降り風も吹いたりとあまり良い条件ではありませんでしたが、そんな中でも計画通りに登攀を果たせて非常に良いトリーニングできたと思います

フォトギャラリー

東稜最終ピッチ

初日。アプローチ中、ラッセル少なく楽でした

エプロンフェースへ

かなり急です。ふくらはぎが疲れる

東稜1ピッチ目。除雪も大変でした・・

2ピッチ目からはリード交代

ラッセルが深く消耗します

ナイフリッジです。雪庇にも注意

ラッペルも必要です

頂上!

テン場も頂上

二日目。左クーロアール1ピッチ目

露岩の多い箇所でした

少し晴れてきました

ラクだ岩稜かな?

でもビレイ中は結構寒かったですね

中央稜。あとひと踏ん張り!

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム