まぐろきっぷでちょい女子旅

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
銀座好日山荘 店舗詳細をみる
日程
2020年09月09日 (水)~2020年09月09日 (水)
メンバー
おとな女子登山部 なっちゃん 
おとな女子登山部 吉野香織さん
銀座店 葛谷店長
天候
晴れ
コースタイム
三崎口駅(バスで20分)三崎港バス停(5分)紀の代(1分)日の出バス停(バスで6分)白秋碑前バス停(15分)馬の背洞門(20分)白秋碑前バス停(バスで7分)仲崎バス停(2分)ミサキのシロクマ(7分)うらりマルシェ(3分)ミサキドーナツ(2分)三崎港バス停
コース状況
・まぐろきっぷは京急線の各駅で購入可能。詳しくは京急HP参照ください。
https://www.keikyu.co.jp/visit/otoku/otoku_maguro/

・城ヶ島の海岸は滑りやすいので歩きやすい靴がおすすめです。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

 まぐろきっぷとは、三崎名物・まぐろのお食事券とお土産、三崎までの往復電車賃とバス代がセットで付いてくる、大変お得な切符のことである。その欲望を掻き立てるネーミングが頭から離れず、「店長、まぐろが食べたいです!」と思いの丈をぶつけてみたところ、快く賛成してもらえたので、仲良し女子を誘ってちょい旅に出かけてきました。

 この日は残暑が厳しく、日傘や携帯扇風機など、各々熱中症対策をしっかりして品川駅に集合。駅でまぐろきっぷを購入し、三浦半島へ向けて出発しました。品川駅で買うと3,570円、これに美味しいまぐろ丼とお土産が付くなんてまさに夢のようなチケット。まぐろきっぷを求めるお客さんも多く、人気の高さがうかがえました。

 お喋りしながら電車に揺られていると、あっという間に終点の三崎口駅に到着。そこからバスに乗り換え玄関口の三崎港まで約20分。バスの扉が開くとふんわりと磯の香りが漂ってきました。青い空、白い入道雲、そして目の前に輝く海!夏休みを絵に描いたような光景に、皆気持ちが高揚してはしゃぎまくり。まぐろ丼のお店まで大して歩かないのに、あっちやこっちで立ち止まっては写真をパシャリ、だいぶ時間をかけてランチ場所までやってきました。
 訪ねたのは、漬けまぐろとビントロ、ネギトロ、ほほ肉のユッケを乗せたとろとろ丼が戴ける、『紀の代』さん。人気店だけあって客層の8割が女性でした。
 2週間くらいまぐろが頭から離れなかった私は、ここにきてようやくまぐろ丼とご対面。ゆっくりじっくり、脳の奥までまぐろを染み込ませるように味わいました。丼もさることながら、まぐろのつみれ汁もとても美味で、おかわり!と心の中で叫んでいました。

 「この後どうする?」まぐろを食べれて満足したので私は「お茶でもする?」と言いそうになりハッとしました。ここで終わってはちょい旅ではなくただの昼飯旅になってしまう。暑いし日焼けしたくない気持ちもありましたが、ぐっと飲み込み当初の予定通り、城ヶ島へ向かうことにしました。
 城ヶ島は三浦半島の先にある周囲4kmの島で、船はもちろん橋を渡れば徒歩や車で通行することもできます。波の浸食が造り出した岩壁や奇岩は、まるで海外のリゾート地のような雰囲気。冬にはウミウが飛来し、水仙が咲き誇る自然いっぱいの小さな島です。城ヶ島を代表する映えスポット・馬の背洞門を見に、午後の暑い日差しを浴びながら海岸へと下って行きました。
 下り立った浜はまさに別天地、風化した岩とどこまでも広がる大海原に皆感動しまくり、思う存分写真を撮りました。波に素足を晒してみたり、岩の上を歩いてみたり、フナムシの大群にぞっとしてみたり...。ここでも随分とゆっくり過ごしました。おかげで汗だく、喉はカラカラになってしまったので、涼を求めて今度はかき氷屋さんへ。

 再び三崎の町に戻り、訪れたのはかき氷専門店『ミサキのシロクマ』。味がいろいろあってかなり悩みましたが、フワフワ甘いかき氷を食べてかなりクールダウンできました。
 お腹はすっかりたぽたぽ、腹ごなしに向かったのは産直センターうらりマルシェ。まぐろきっぷで様々な海産物や地物の加工品などと交換できるのですが、やっぱり甘いものに目がない私達。最後に『ミサキドーナツ』へ立ち寄り、好きなドーナツとドリンク、かわいいトートバッグと交換することにしました。
 
 いつの間にか日が傾き始めていて、そろそろ帰る時間に。三崎の町は海とまぐろがメインだと思っていたのですが、町中も魅力がたくさんでした。ハイカラな洋風建築や古い蔵造り、レトロな町家。路地裏でくつろぐ猫たち。毎朝漁師さんに魚のおこぼれをもらうのかしら...なんて想像しながらのんびり歩いてみたいと思いました。

 いつもは山だけど、たまには海もいいね♪夏の終わりに楽しい思い出作りができました。

フォトギャラリー

城ヶ島のシンボル・馬の背洞門。

三崎の町をてくてく。暑いので日傘は必須。

美味しそうな干物が干してありました。今日は携帯扇風機が欠かせません。

念願のまぐろ丼いだだきます!!3人とも真っ昼間から飲んでます。

腹ごなしに城ヶ島へ。トトロの道みたい。

ウミウ展望台から。関東とは思えない絶景!

先端まで下りてみます。

馬の背洞門とかおりん。

岩の上は結構滑ります。爽やかなっちゃん。

覗き見かおりん。

「マイボトル~」のポーズ。

階段は風が強いので注意!

港に戻ってきました。城ヶ島と三崎港を繋ぐ城ヶ島大橋が見えます。

汗をかいたあとはフワフワかき氷!なっちゃん→塩キャラメル、かおりん→ラムレーズン、かつこ店長→抹茶小豆、私→プリン味♪

猫好きなっちゃん。

三崎の町はどこを切り取っても絵になります。

ミサキドーナツさんでお茶タイム。

どれも美味しそうで迷う~。

古民家を改装した店内はとっても落ち着きます。

おまけ:本日のファッションショー♪かおりん→マーモット×四角シャツワンピース、なっちゃん→フォレストワードローブのシャツがポイント!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

銀座好日山荘 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部