槍で会いましょう~白出沢から槍穂縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
るんちゃん(おとな女子登山部)
浦和パルコ店 店舗詳細をみる
日程
2022年09月13日 (火)~2022年09月15日 (木)
メンバー
1,2日目 単独 
2,3日目 山仲間2名
天候
晴れ
コースタイム
【1日目】新穂高温泉(60分)穂高平小屋(40分)白出沢出合(130分)荷継小屋跡(150分)穂高岳山荘
【2日目】穂高岳山荘(120分)北穂高小屋(180分)南岳小屋(130分)槍ヶ岳山荘(20分)槍ヶ岳(15分)槍ヶ岳山荘
【3日目】槍ヶ岳山荘(120分)槍平小屋(140分)白出沢出合(60分)新穂高温泉
コース状況
・深山荘の登山者無料駐車場は土日はすぐ満車になるようです。初日は空きがあったものの下山後は満車でした。仮設トイレあり。駐車場から登山口まで15分ほど。
・穂高平小屋へのショートカット道は急でガレています。下山時は滑りそうなので使いませんでした。
・白出沢ルートは通行できます。難所には鎖や梯子設置されています。荷継小屋跡から穂高岳山荘は大きなガレ谷となり落石や浮石注意。ペンキマークを頼りに歩きます。
・穂高岳山荘テン場代2000円。水は無料で小屋外の蛇口からいつでも汲めます。30張ほど。クレカ対応。
・大キレットは狭いのですれ違い注意。素手だと手が鉄臭くなるのでグローブ推奨。
・槍ヶ岳頂上へは上りと下りでルート別れます。
・槍ヶ岳山荘テン場代2000円。現金のみ。水は1L200円、小屋内の蛇口から汲めます。5:30~18:00まで。時間外は玄関の自販機が利用できます。500mlのペットボトル400円。
・槍平小屋、穂高平小屋、共に営業中。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

 槍ヶ岳のバリエーションルートとして有名な北鎌尾根。自分にはまだまだそこを歩く力がないので、今回はいつもの仲間とは別行動。末端の湯俣から長大なルートを経て槍登頂を目指す仲間の為に、新穂高からの回送役を買って出ました。私は新穂高温泉から白出沢、大キレット経由で槍ヶ岳へ。2日目に槍の山頂で会う約束をして、仕事終わり寝不足のまま新穂高まで車を走らせました。
 駐車場に到着したのは朝7時過ぎ。気が張っていたせいか、思ったより眠気はなく無事に歩けそうな予感。コースタイムは9時間と長丁場なので、途中でバテないよう心拍数を意識しながらゆっくりと歩きました。

 白出沢は昨年の地震で大きな被害が出て、最近まで通行止めとなっていました。異例の早さで修復されたのは、穂高エリアの山小屋の努力のおかげ。ありがたく使わせていただきました。
 長い林道を歩いてようやく白出沢の出合。山小屋のHPと同じ注意喚起の看板を目にして少し緊張が走りましたが、意外に下ってくる方が多く安心しました。崖のトラバースや崩れそうな箇所には、きちんと鎖、梯子、鉄のステップが取り付けられ問題なく歩けます。白出沢を遡行するように登っていくとやがて荷継小屋跡。石を積み上げたような跡が僅かに残っていました。
 大好きなイワツメクサが咲く草付で大休止した後は、色付き始めたナナカマド、ダケカンバの間を縫って巨大なガレ谷へ。時折ガスが立ち込めては、あの世のような雰囲気に一層拍車がかかります。下を向いて黙々と登っていると、歩き易かった道がいつの間にかザレていたり、岩が立ちはだかったり。復帰は容易ですが、落石を起こすと厄介なので、マーキングをなるべく見落とさないように集中しながら歩きました。
 ふと見上げた先には、穂高岳山荘らしきの石垣と電灯のシルエットが。あと少しと思ってもなかなか距離が縮まらず、見えてからはえらく長く感じました。なんとか到着してとりあえずテント受付。山荘前から戻ると広場には小屋泊まりらしき人々、仲間と語らい飲み交わし、とても楽しそう。寂しい気持ちを圧し殺し、さっさとテントを立てに行きました。
 私ももとはソロを楽しんでいたのに、いつの間にこんな寂しがり屋になったんだろう。チーム北鎌は今頃どこに?悶々とした気持ちでザックを整理していると突然の雨。ガスが晴れれば奥穂アタックする気でいましたが、完全に気持ちが萎えてしまいました。と同時に急な眠気が襲ってきてそのまま一眠り。小一時間ほど経った頃、テントの外から賑やかな声が聞こえてきて目を覚ましました。
 顔を出すと少しピンクに染まった前穂と常念。スマホを確認すると時刻は16時過ぎ。北鎌チームから無事2400m付近のビバーク地に到着とのメッセージが入っていて、続いて酒宴の様子が送られてきました。何だかイラッとしましたが、寝たことで元気になり、明日槍ヶ岳でジュースを奢ってもらう約束を取り付けさせました。

 翌朝もこの上ないお天気。最近雨続きだった私にとっては久しぶりの御来光。モルゲンに染まる奥穂に別れを告げ、一路北を目指しました。
 2日目は大キレットを通って槍ヶ岳まで。大キレットは10年前、それも登山を始めて間もない頃、兄に連れられ泣きながら歩いた道です。槍に行きたいとせがんだ所、中房から東鎌経由で槍ヶ岳、なぜかセットで大キレットまで歩かされ、吊尾根を通って上高地に下山するという大縦走をしました。当時はガスで大キレットから槍の勇姿を拝むことは叶わず、ただただ恐怖でしかありませんでした。怖い思いをしたにも拘わらず人生初の大冒険を達成し、山にのめり込むきっかけとなったあの大キレット。当時に比べ山に慣れた今なら、どんな風に景色が変わって見えるのか。期待を胸に楽しみながら歩くつもりでいました。
 が、この日はとても暑く余韻に浸る余裕がありません。おまけに北鎌チームが予想より早く、こちらもスピードを上げないと山頂でのハイタッチが夢に終わりそう。頂上で出待ちされる側になるのは癪だったので、必死になって歩きました。自力で上がれず苦労した飛騨泣き、ウエストベルトが岩角に引っ掛かって慌てた長谷川ピーク、何度もつまずいた中岳のガレ場。あの時の苦労を噛み締めながら歩くはずが、気が付いたら既に槍のテン場が見え始めていました。あれ?私の美しい思い出はいずこに?と、ここで北鎌組からこれからチムニー取付くとの連絡が。チムニーってどこ?察するに槍は目前に迫っている様子。へとへとでしたが気合いを入れ直し、槍ヶ岳山荘へ一先ず到着。ザックをデポして槍ヶ岳頂上へ向かって走り出しました。
 
 急いで登ったので山頂では若干酸欠気味。辺りを見回すと...よし、2人はまだいない。悠々綽々と迎えてやろう。待つこと数分、まだ来ない。北鎌尾根を歩いているパーティーは見えるが2人ではない。少し不安になってきたところで「あ~間違えた~」と聞き覚えのある声。すかさず「お~い、お疲れ様、こっちだよ」と私。もうどっちが早いかなんてどうでも良い、無事に顔が見れた嬉しさでいっぱいになりました。直下で微妙にルートミスしたようで、私の声が聞こえて助かったとのこと。少しでも役に立てて良かったです。
 祠の前で一頻り喜びの握手を交わしてから山荘へ。ビールやジュースを買い込み、テン場で乾杯しながら楽しい一晩を過ごしました。

 翌朝、常念から昇る日の出を見ながら下山開始。次の山や来年の北鎌の話などをしていると、長い行程もあっという間でした。仲間同士、わいわいお喋りしながら歩くのはやっぱり楽しいです。昼前には新穂高まで下りてきました。
 ここから高瀬ダムまで約2時間、車を回す大役を務める予定でしたが、2人とも私の運転に不安がある様子。それならいっそ運転は任せて私は夢の中へ。飲食店の中休みで昼ご飯難民にならないよう、途中大町に立ち寄ってお昼ご飯。高瀬ダムで車を回収してから、日帰り温泉で3日分の汗を流して全ての行程が終了。帰路に就いた頃は15時を回っていました。
 たまには1人も良いけれど、やっぱり信頼できる仲間と歩く方が何倍も楽しい。今回はそれを深く実感した山行となりました。

フォトギャラリー

10年振りに槍登頂しました。

白出沢はピンクテープやペンキあるので比較的安全です。

橋渡るのちょっと怖い。

ガレガレ。ガスって1人だと寂しさ倍増。

アビナイね。

穂高岳山荘とガスの中からジャンダルム。疲れたので山頂はまた今度。

翌朝。モルゲン奥穂と前穂。

今日は槍でランデブーする予定です。

最低コルから前穂北尾根。

北穂に着きました。良いお天気!

南岳小屋。喉が乾いたのでGokuriを買ってイッキ飲み。

槍が近くなってきました。王様の貫禄。

テン場も見えてきました。あと少し。

北鎌チーム発見。お疲れ様!

槍クッキー奢ってもらいました。

テン場は大賑わい。背後は大喰岳。

翌朝はのんびり出発。

下ります。やっぱり仲間と一緒がいいね。

影槍が笠に映ってます。

無事下山。これから回送、まだまだ旅は続きます。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

浦和パルコ店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部