鳳来寺山(ほうらいじさん)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
藤谷 康輔
日程
2012年06月28日 (木)~2012年06月28日 (木)
メンバー
単独
天候
曇り
コースタイム
門谷(かどや)集落駐車場-(40分)-鳳来寺本堂-(50分)-鳳来寺山山頂-(1分)-瑠璃山-(1分)-鳳来寺山山頂-(15分)-天狗岩-(25分)-鷹打場-(10分)-鳳来山東照宮-(5分)-鳳来寺本堂-(25分)-馬の背岩展望台-(25分)-門谷集落駐車場
コース状況
特に難しい所はありません。ただし、鳳来寺山の入り口から本堂までは、1400段の石段が続くので足に堪えます。呼吸を整えながら、ゆっくり登った方がいいでしょう。また、本堂より上は登山道になり、岩場や鉄の階段が何箇所か出てくるので、濡れている時は、滑らないように注意が必要です。
難易度
Google Map

より大きな地図で 鳳来寺山 を表示

感想コメント

鳳来寺山は、684mと標高は高くありませんが、火山岩が随所に断崖絶壁を作り、荒々しい様相を呈しています。鳳来寺を中心に、古くから修験場となっていたことがうかがえます。また、鳳来寺本堂のそばには、徳川三代将軍、家光公が建立した鳳来山東照宮(国重要文化財)があり、その堂々としたお社はなかなか見応えがあり、ハイキングも寺社巡りも好きな方には、もってこいのコースではないでしょうか。
本堂から下山する時、馬の背岩展望台を経由するコースを通ってみました。道は石段ではなく登山道になっており、展望台からは、荒々しい岩山を背にした本堂がよく見え、この山が修験場だったことを改めて実感させられます。このコースは、鳳来寺山入り口の少し上にある仁王門(国重要文化財)付近で、石段に合流します。登りと下りでコースを変えてみると、より楽しい山歩きができると思います。

フォトギャラリー

鳳来寺山入口です。ここから石段が始まります。

仁王門をくぐります。

くぐりますよ~。

傘杉。樹齢800年、高さ37mもあるそうです。なかなかの風格。

長い階段、それでも終わりを信じて登ります。

本堂に着きました。時刻は8時前、まだ開いていませんでした。

奥三河の山々が見渡せます。

本堂を抜け、さらに石段を登ると登山道になります。

濡れた岩場では、滑らないように気を付けて!

こちらの鉄の階段も、結構滑ります。

鳳来寺山山頂です。静かな雰囲気ですが、展望はありません。

鳳来寺山より少し高い瑠璃山まで行ってみようと思い、意気込んで歩き出すと、1分で着きました。

鳳来寺山山頂に戻り、自然観察路に入ります。

天狗岩、だそうです。どうにかして天狗らしさを見出そうと、努力はしました。

鷹打場。開放感があり、展望も素晴らしく、ここが一番気持ち良かったかも。文字通り、鷹を撃ち落とせそうなほど、広々とした空間が広がります。

国の重要文化財、鳳来山東照宮です。日光、久能山と並び、日本三大東照宮の一つに数えられています。徳川家光が、祖父である家康を祀るために建立したそうです。

鳳来寺本堂を抜け、石段とは別の登山道に入り、馬の背岩展望台にやってきました。

ここも展望が良く、寺社群と岩山のコントラストが遠望できます。

草の生い茂った登山道を下りて行くと、仁王門付近で石段に合流します。もうゴールは目前です。

無事、下山しました。

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部