奧穂高ー西穂高縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
藤林 陽介
京都店 店舗詳細をみる
日程
2012年08月22日 (水)~2012年08月23日 (木)
メンバー
なんば店  山本
紀三井寺店 藤林
天候
晴れ
コースタイム
1日目 新穂高温泉…120分…白出沢出合…300分…穂高岳山荘
2日目 穂高岳山荘…30分…奧穂高岳…60分…ジャンダルム…90分…天狗のコル…150分…西穂高岳…120分…西穂山荘…40分…新穂高ロープウェイ
コース状況
1日目の白出沢、前半は樹林帯なので特に危険な場所はありませんが、重太郎橋あたりからは様相を一変、増水時は注意が必要です。また、重太郎橋からしばらくは沢沿いを歩くために落石にも注意が必要です。

奧穂高岳から西穂岳までは一般登山道のように整備はされておらず、印のついた石も見つけ難いのでルートをよく観察して、安定した場所を選んで行動しましょう。
難易度
Google Map

より大きな地図で 穂高 を表示
  • 【オータムキャンペーン】13%メンバーズポイント還元!
  • 好日山荘WebShopお買得商品

感想コメント

一泊二日の行程で奧穂高岳から西穂高岳まで縦走してきました。

新穂高から白出沢出合まではゆるりとした林道歩きを二時間程
白出沢出合から重太郎橋までもあまり勾配のきつくない樹林帯を登りますが

重太郎橋からは一変、岩を削って作った道やハシゴやクサリが登場し
荷継小屋跡からは急勾配のガレた登山道、最後の登りは相当キツかったです。

2日目は穂高岳山荘から新穂高ロープウェイまで、長く険しい縦走路へ
午前中には西穂山荘に到着できるようにと、五時に山荘を出発

ルートの序盤、奧穂高岳からジャンダルムまでの一時間ほどの間に
馬の背のナイフリッジや垂直に近い下りなどなど、今回の核心といえる場所の連続
特にナイフリッジの下りは高度感もあり、かなり慎重な行動が必要です。

また、ジャンダルム以降も緊張感のある道やクサリが続くのですが
それ以外にもマークを見失ってルートを間違えることや
落石等にも注意が必要なのでヘルメットの着用を強く推奨します。

フォトギャラリー

ジャンダルム~♪

新穂高からしばらく林道歩き

白出沢出合

重太郎橋を渡ります。沢の水が気持ち良い

荷継小屋からはガレた急斜面の登りが続きます

出来るだけ荷物は軽く

夜明けとともに出発

ジャンダルムと影穂高

奧穂高岳山頂、ここからが…

八ヶ岳と南アルプスと富士山が良く見えます

ギザギザした縦走路、遥か先には焼岳が見えます

ジャンダルムと奧穂高岳

天狗沢、遥か下には上高地

コブの頭から天狗岩

天狗岩頂上にて

思っていたよりも高低差あり、登ったり下ったり

西穂高への最後の登り

西穂高岳山頂、しかしここからも難所は続きます

独標の真下、最後の登りです。

丸山から、ここまで来ると山の雰囲気も随分変わります。

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム
  • 【オータムキャンペーン】13%メンバーズポイント還元!
  • 好日山荘WebShopお買得商品