飯豊連峰最北端 日本二百名山「朳差岳」~風雨の為途中敗退~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
渡辺 陽
新潟亀田店 店舗詳細をみる
日程
2012年07月24日 (火)~2012年07月25日 (水)
メンバー
単独
天候
①曇りのち雨②雨
コースタイム
7/24 奥胎内ヒュッテ(50分)足ノ松尾根登山口(70分)姫子ノ峰(100分)ヒドノ峰(100分)大石山(50分)頼母木小屋(泊)
7/25 頼母木小屋(40分)大石山(60分)ヒドノ峰(60分)姫子ノ峰(50分)足ノ松尾根登山口(50分)奥胎内ヒュッテ
コース状況
飯豊の稜線への最短ルートといわれる足ノ松尾根ですがなかなかの急登です。雨で木の根が塗れて滑りやすいときなどは下山時要注意です。尾根上に水場は1箇所ありますが登山道よりかなり下らないといけないのでスタート時に十分確保したほうが良いです。宿泊の頼母木小屋は水が引かれていてとても快適です。小屋前に幕営可能です。
難易度
Google Map

より大きな地図で えぶり差岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

過去3度縦走した飯豊連峰ですが朳差岳はまだ未踏だったのでようやくテントを背負って高山食物目当てに登ることにしました。初日は出発時から小雨があたっていたのですが稜線は見えていたので予定とおり出発。久しぶりのテント山行の重荷でバテながらもなんとか稜線の大石山に到着。辺り一面ガスで展望はなし。初日はこのまま頼母木小屋に宿泊して翌日に山頂を目指すことにしました。稜線は風も強くときより激しい雨となったのでテントではなく小屋に宿泊。翌日はさらに風雨が強まり稜線では体があおられる位だったので残念ながら登頂は諦めてまっすぐ下山することにしました。稜線ではニッコウキスゲが満開でそのほか多くの高山植物が咲いていました。来年は晴天時に再度挑戦して花と展望を満喫したいと思います!来年こそ登頂するぞ!

フォトギャラリー

登山口となる奥胎内ヒュッテ

足ノ松尾根登山口まで乗合タクシーも運行されています

足ノ松尾根登山口

汗をかきながら急坂を登っていきます

岩場の通過は慎重に

姫子ノ峰に到着

ヒドノ峰に到着。バテ気味です

この時はまだ稜線が見えていたのですが・・・

ようやくたどり着いた大石山。あたり一面ガスで展望はなし

ハクサンイチゲ

クルマユリ

イブキジャコウソウ

ヒメサユリ

マツムシソウ

タカネナデシコ

ニッコウキスゲが満開です

ヨツバシオガマ

イブキトラノオ

ハクサンフウロ

お世話になった頼母木小屋。管理人さんはよく新潟亀田店でお買い物をしていただいているそうです。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

新潟亀田店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部