富士山(御殿場口)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2013年07月25日 (木)~2013年07月25日 (木)
メンバー
天候
曇り時々晴れ
コースタイム
御殿場口新五合目-(100分)-新五合五勺-(115分)-新六合目-(85分)-
七合目日の出館-(50分)-赤岩八合館-(120分)-御殿場口頂上-(95分)-赤岩八合館-(35分)-砂走館-(30分)-走り六合-(75分)-御殿場口新五合目
コース状況
登山道はよく整備されており、迷う心配は少ないと思います。
ただし距離があり、途中、足をとられるような砂地も出てきます。よく晴れていると体力を消耗するので、日が昇る前にゆっくりと登り始めるのがよいかと思います。新五合目がスタート地点ですが、七合目まで営業中の小屋がないので、行動食と水分は十分に持っていきましょう。
また上の方は風が強く、昼間でも寒いことがあるので、防寒着も忘れずに。
難易度
Google Map

より大きな地図で 富士山(御殿場ルート) を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

何回か登っているはずの御殿場ルートですが、やはり長く、きつかったです。そしてそれ以上にきついのが高山病による体調不良です。頭痛、強烈な眠気、そして吐き気。これらの症状が出ると、山行が苦行になってしまいます。さすがは日本一の山。僕のように、体質によって毎回症状が出てしまう方もいるでしょうが、日頃から運動をして、登山前は睡眠をしっかり取り、水分を取りながらゆっくり歩くなどして、高山病の症状を最小限に食い止めましょう。
世界遺産になったとはいえ、御殿場ルートは長いせいか、あまり人はいませんでした。平日だったから、というのもあるのでしょうが、長くてもいいから静かに歩きたいという方にはおススメのルートです。登りきった時には、かなりの達成感があります。

フォトギャラリー

新五合目のすぐ上にある大石茶屋。

このルートは、ダイナミックな富士山を仰ぎ見ることができます。

御来光を拝みます。

山頂が全然近づいてきません。

荒涼とした砂礫地帯が続きます。

七合目の日の出館。今は閉館しています。

ようやく山頂が大きくなってきました。

赤岩八合館。最後の山小屋です。

傾斜が強まり、足場も悪くなり、空気も薄くなる八合目から上が特に辛いです。

万年雪。

高山病の影響で、Kさんも辛そう。

やっと頂上の鳥居が見えてきました。

ついに山頂に到着です。

荒々しい火口を覗き込みます。この日は時間切れで剣ヶ峰には行けず。早々に下山開始です。

七合目から始まる大砂走り。このコース最大の魅力です。

宝永山があっという間に近づいてきます。

砂が膝への衝撃を和らげてくれるため、どんどん走れてしまいます。

フカフカの砂。

でもやっぱり下りも長い。ゴールが見えません。

何とか日没前に下山できました。お疲れ様でした!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部