紀見峠~岩湧山~槇尾山ダイヤモンドトレール縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
大久保 伸哉
キャンピングリサーチ 西宮山口店 店舗詳細をみる
日程
2014年02月17日 (月)~2014年02月17日 (月)
メンバー
大久保 伸哉(なんば店)
天候
晴れのち曇り
コースタイム
南海電鉄紀見峠駅(30分)紀見峠(80分)三合目(40分)五ツ辻(25分)岩湧山(15分)鉄塔75(30分)カキザコ(20分)新関屋橋(滝谷ダム湖)(30分)ボテ峠(20分)追分(20分)施福寺(15分)蔵岩(30分)満願寺(30分)南海バス槇尾山口バス停  総歩行時間約385分
コース状況
南海紀見峠駅から峠までのアプローチは、一部凍り付いていましたが、特に問題ありません。
峠からはさっそく雪道になりました、三合目くらいから雪質も少し乾いたものになり、積雪量も約20㎝と増えてきます。トレースはすでにはっきりとついており、非常に歩きやすかったです。山頂部の稜線近くになると積雪量は約30㎝。滝畑方面に下り始めると日当たりのよいところは地面が出ており、雪解けでドロドロのところもあります。ただ日陰はたっぷりと雪が残っており、登山道入り口近くまでアイゼンはつけっ放しでした。
槇尾山も登り始めてしばらくすると雪が出始め、やはりアイゼンは必携。日陰で積雪約7~8㎝ぐらいでした。
難易度
Google Map

より大きな地図で 紀見峠~岩湧山ダイヤモンドトレール を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

2日まえに全国的に大雪になりましたが、金剛・岩湧山系でも30~50㎝ほどの積雪となったようで、さっそく先週からのダイトレの残りのコースを歩いてみました。いつにない積雪量で雪歩きを堪能。特に三合目付近から山頂を超えて下るまでは雪質もそこそこ良く、十分に雪上ハイキングを楽しめました。風は冷たかったのですが、昼過ぎまでよく晴れていましたので、岩湧山山頂からの眺望も楽しめました。
アイゼンはこの日ほぼ全行程で装着。ストックもできれば持っていかれると歩きやすくなるでしょう。
槇尾山は、西国第四番札所の施福寺の山として参拝者が多い山のようですが、随所に枝分かれした道があり、少し標識もわかりにくいので要注意です。また、下山後のバスも、コミュニティーバスを利用する場合は時間の下調べもしたほうが良いでしょう。ちなみに私は、下山後南海バスのバス停まで30分かけて歩きました。

フォトギャラリー

岩湧山山頂部。たっぷりの雪で真っ白です。

紀見峠。前回の続きで始まります。

さっそく雪道です。峠付近で積雪約7~8㎝。

ボ谷ノ池。

いよいよダイトレ名物丸太階段の始まり。

ひとしきり登ってようやく三合目到着。このあたりから雪質もよくなり、積雪量もぐっと増えて約20㎝。気持ちのよい雪上ハイクになりそうです。

根古峰付近。天気が良すぎて木に降りf積もった雪が爆弾のように落ちてきはじめました。私は二回直撃を食らいました。

南葛城山方面への分岐を過ぎ、五ツ辻に。約50㎝幅のしっかりしたトレースがついて歩きやすい雪道です。この先で合流するいわわきの道は工事中のため通行止め。

東峰を過ぎ、岩湧山山頂への最後の登り。天気が良く日の光が雪面に反射してまぶしいです。

岩湧山山頂に到着。風は冷たかったですが抜群の展望でした。山頂部で積雪約30㎝。

カヤトの草原付近の下りは雪を蹴散らしながら駆け下りて通過。滝畑方面に進み、送電線の鉄塔付近まで下りてきました。この辺は日当たり良く、すでに雪が解けて足元ぐちゃぐ

さらに降りてくると登山道の雪もかなり薄くなってきました。

カキザコ付近。奥の稜線は南葛城山方面。

どんどん下って、ようやく滝畑ダム湖上流の新関屋橋に下山。ここで今度は、ダイトレを槇尾山方面に向かいます。

登り返しが結構堪えますがボテ峠に到着。写真の標識の裏に「身を削り人につくさんすりこ木のその味知れる人ぞ尊し」の句のラクガキ(?)が。ま、でもいい言葉ですね。

いったん下りて再び番屋峠に上り返し、さらに追分に降ります。

最後にぐっと登り返して施福寺に到着。

ダイヤモンドトレールの槇尾山側の起点です。

虚空蔵堂裏から蔵岩に登りました。このルートは足元が非常に悪いのであまりお勧めしません。前方ピークが槇尾山山頂。

蔵岩からは満願寺方面に下山。このあと槇尾山口バス停まで林道を約30分歩きました。お疲れ様でした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

キャンピングリサーチ 西宮山口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部