Trail Run戸倉三山【奥多摩山域】

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2014年08月12日 (火)~2014年08月12日 (火)
メンバー
天候
コースタイム
参考コースタイム/7時間20分
この日は4時間程度の行動ペースでした。
※トレランは走力によって大幅にタイム差が生じます。登山地図の時間を目安にしてください。
コース状況
奥多摩は首都圏の代表的なトレイルランニングのフィールドとして最適。
けっこう森深い場所もあるので、木の根が張り出すトレイルが続きます。
日本の登山道は決して強くないので、不安定な路面を傷つけずに走りたいです。
難易度
Google Map

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

お気に入りフィールドのひとつである奥多摩。
その中でもアクセスを含め普段通うのに良さそうな場所を探すべく、今回は戸倉三山へ出かけました。戸倉三山とは刈寄山・市道山・臼杵山の総称です。

天気予報では雨予報。当然山でも雨でした。ひょっとすれば…を期待したのですが晴れ男ではなかったようです。
行動開始し間もなく曇天から雨になりました。
行くものかどうしようか迷いましたが、せっかくなので入山。
展望はあまり望めない状況でしたが、ひとつひとつ山頂を越えていく行為自体は面白く、雨でも意外と楽しめます。このあたり山頂登りが好きで良かった部分でしょうか。

路面は泥濘、シューズは濡れてしまい不快感もありましたが、ドライマックスソックスはなかなか調子よく、ウェット感から来る靴擦れ感はあまり感じませんでした。

身近な里山ですが、この日は天候のせいもあり誰とも出会いませんでした。
個人的には雨の山もしっかりと防水、防寒対策をすることで楽しめるので、天気が悪くても、例えば、通い慣れた身近な山だと普段と違う山の表情も感じられ、面白くなると思います。奥多摩なんかも首都圏にお住まいの方には親しみのある山域だと思いますので、是非おでかけください。
夏なんか涼しくなるので、湿気はありますがけっこう良いもんです。

帰りは温泉施設の瀬音の湯に立ち寄りましたが、多くの利用客で順番待ち状態。並ぶか大いに悩みましたが諦めて帰りました。温泉からは武蔵五日市駅行きのバスが出ているので便利でした。地元の野菜や工芸品など売られている販売所も、温泉施設にあり興味を引かれました。

フォトギャラリー

あいにくの雨でしたが面白いコースでした。

ハイシーズンの秋川沿いのキャンプ場では大盛況。すでに天候が怪しい。

今熊神社。このあたり早くも雨が降ってきました。

刈寄山方面へ

サポートタイツは脚の保護には重宝します。

入山峠。

今回はイノヴェイトのTRAILROC245。いい感じで地面との感触が伝わります。

木の根が張り出す場所ではスリップに用心。

ハセツネ10キロ地点の看板。

美味しくエネルギーも持続できます。ゼリー状なので満腹感も出ます。

市道山。

慎重にいきます。

臼杵山。

元郷に下ります。道はわかりやすいと思います。

夏場でも雨の行動では身体が冷えるので、注意しなければいけません。

動物避けフェンスをくぐればゴールでした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部