鹿島槍ヶ岳〜針ノ木岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
川崎 大輔
【閉店】FOOTWEAR店 店舗詳細をみる
日程
2015年09月01日 (火)~2015年09月03日 (木)
メンバー
川崎(グランフロント大阪店)
辻(なんば店)
天候
曇りのち晴れ
コースタイム
二日目→冷池山荘テント場(85分)爺ヶ岳中峰(35分)種池山荘(85分)岩小屋沢岳(35分)新越山荘(40分)鳴沢岳(40分)赤沢岳(100分)スバリ岳(60分)針ノ木岳(30分)針ノ木小屋(泊)

三日目→針ノ木小屋(50分)蓮華岳(40分)針ノ木小屋(145分)大沢小屋(60分)扇沢
コース状況
種池山荘から新越山荘まではあまり登り下りがなく、登山道も安定しており歩き易いです。
新越山荘から赤沢岳までは少し坂が急になってきます。
地面も石がゴロゴロしており少し歩きづらくなってきます。
赤沢岳からスバリ岳もガレており道も一部不明瞭な所もありますので注意が必要です。
スバリ岳から針ノ木小屋までは歩き易く危険箇所特にありません。
針ノ木小屋から蓮華岳までは分かり易い道で安定していました。
針ノ木雪渓は十分に雪が残っておりアイゼンは必ず必要です。
しっかりと締まっておりアイゼンがあればとても歩き易いです。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

まず種池山荘周辺のお花畑が朝陽とガスのおかげで黄金に輝いていました。
朝から素晴らしい景色を見た後は奇麗なトレッキングコースが待っていました。
特に新越山荘までの稜線からは立山三山と劔岳が奇麗に見えました。
まるで海外のトレッキングを体験しているかのような気分でした。
鳴沢岳を過ぎたあたりから道が険しくなり北アルプスの厳しい道のりが始まりました。
今回一番感動したのが針ノ木岳山頂から見た景色でした。
立山、劔岳はもちろん、遠くに槍ヶ岳、燕岳、雲ノ平、白馬、そして鹿島槍ヶ岳と北アルプスのオールスターが全部見れました。
三日目には三大雪渓の一つ針ノ木雪渓。
雪の量はたっぷりでカチコチで歩き易く、三大雪渓の名にふさわしい堂々とした雪渓が広がっていました。
変化に富んだ登山道と景色を十分に楽しめて大満足の三日間でした。

フォトギャラリー

針ノ木岳からの絶景!

朝はガスっていました。

黄金に輝くお花畑。

新越山荘へ向かう途中後ろを振り返ると種池山荘とかっこいい爺ヶ岳

立山三山と劔岳。

昨日、今日と歩いて来た稜線。

種池山荘から新越山荘までの稜線。

針ノ木岳と雪渓が見えてきました。

山の上から見た黒部タム。

赤沢岳周辺。かなりガレてます。

もうすぐ針ノ木岳。

針ノ木岳からの槍ヶ岳方面。

晩飯。山でのカレーは最高!

朝、雷鳥が出迎えてくれました。

蓮華岳と辻さん。絵になりますね。

いざ下山開始。

大雪渓の始まり。

のど。幅が狭く急坂でした。

鯉のぼりと大雪渓と辻さん。

最後は夏景色。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

【閉店】FOOTWEAR店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部