納涼!井原山 洗谷コース

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2016年08月17日 (水)~2016年08月17日 (水)
メンバー
天候
☁のち☀
コースタイム
キトク橋駐車場(20分)洗谷登山道入口(120分)縦走路分岐(25分)井原山(5分)キトク橋・アンノ滝分岐(115分)キトク橋駐車場
コース状況
《 洗谷ルート 》
・上級コースです。初心者単独 または 初心者グループ は気楽に立ち入らない様に注意して下さい。ピンクテープがほとんど無い為、ルートの判別が難しい所があります。
・入口は少し分かりにくいですが「ふぢはし」の真横です。
・基本的に沢沿いルート……というより、中盤以降は渡渉が多く、沢登り感覚で沢の中を進む所が多いです。足元に細心の注意を払って下さい。
・中盤以降で傾斜のある長いロープが数ヶ所あります。高所や鎖・ロープの扱いが苦手な人は無理をしない方が良いでしょう。
・稜線までに支流との出合が数ヶ所あります。本流をメインに登りますが、ピンクテープが少ない或いは発見しづらい為、初見では迷いやすそうな所があります。必ず地形図を参照しつつ、現在地確認を行いながら進んで下さい。
・稜線の縦走路分岐に出る直前はこの時期笹薮に覆われています。進路と足元を要確認。

《 キトク橋・アンノ滝ルート 》
特に問題はありません。途中、水無谷ルートへの分岐があります。アンノ滝は是非立ち寄ってみて下さい!
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

前回の福智山よりもっと涼しい登山を!という訳で色々と考えた末、稜線まで沢沿いを延々歩く涼しさ確約の洗谷ルートへ行ってみることにしました。
やはり沢を詰めるルートなので全体的に涼しく、前回と比べると汗もあまりかかず水分も2Lで丁度いいくらいです。下山中まで曇っていたので気温は終始25度くらいでした。快適快適♪

肝心の洗谷コースの印象ですが、序盤は沢沿いに踏み跡がはっきりとあり、想像より比較的歩きやすい印象。
中盤以降になると予想通り様子が一変します。まず踏み跡が薄い上に、数えきれない渡渉がある為ルートファインディングが必要です。おまけにピンクテープも分かりにくい。地図読みの技術があるに越したことはありません。
沢沿いの斜面をロープを使ってトラバース(2ヶ所)したり、滝を回避して尾根に乗る為に5m程のロープを登ったり、滝をすぐ横目に70度くらいの斜度をやはり5m以上ロープで登ったり……稜線に上がる直前でさえもロープが設置されており、とにかくロープが出てきます。
井原山登山ルートの中では結構アクロバティックな内容ですね!

このルートは稜線まで延々と沢沿い又は沢の中なので沢の爽やかな様子が季節にぴったり。嫌というほど数えきれない程の滝を見て楽しめるので、暑い夏の納涼にはやはりもってこいでした。
個人的にはルートの難易度よりも、沢の癒しと滝の優美さの方が印象が強かったです。

キトク橋・アンノ滝ルートは初めてでしたが、水無谷ルートと比べても歩きやすく、尾根や沢の景観は全体的に穏やかさがあって好みでした。そしてなんと言ってもアンノ滝ですね。思っていたより迫力があるデカさ!!これは立ち寄らずにはいられません。初めての方は是非行ってみて下さい。

登りも下りも沢沿いを歩いてお腹いっぱいの登山でした!

フォトギャラリー

滝のオンパレード!

ここから登山道に入ります

最初は踏み跡くっきり

序盤は穏やかです

沢を横目に詰めていきます 爽やかさ満点!

必ずゴアなどの防水の靴で!

ヤブラン発見!

今回はシシウドが目立ちました

トラバースする試しのロープその1 中盤頃から徐々にロープが出てきます

沢の中を歩いていくと… 試しのロープその2が出現!

左側2,3m程切れ落ちてます 通行注意

ここはそのまま遡行します

右側にロープが垂れているのが分かりますか? 一番高度感を感じる所です

稜線に上がる直前のロープ あと一息です!

洗谷もキトク橋も、縦走路まで笹が邪魔です…

山頂は曇っていて暑い日差しから逃げられました

レーズンパンに溶かしたバニラアイスで、お手軽フレンチトースト

キトク橋・アンノ滝方面の尾根 優しい雰囲気です

沢沿いになればまた清流に癒されます もう滝はお腹いっぱい!?

それでもアンノ滝はやっぱり見ごたえありますよ!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部