1合目から登る富士山(馬返コース)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
米村 成史
四日市店  店舗詳細をみる
日程
2018年08月28日 (火)~2018年08月30日 (木)
メンバー
四日市店 米村
天候
曇り時々晴れ
コースタイム
1日目 馬返登山口(120分)5合目佐藤小屋(30分)6合目2390m(60分)7合目トモエ館(90分)8合目蓬莱館(宿泊)

2日目 蓬莱館(180分)登山道渋滞の影響あり 吉田須走ルート頂上(30分)剣ヶ峰3776m(30分)吉田須走ルート下山ルート(150分)6合目(30分)5合目佐藤小屋(宿泊)
3日目 5合目 佐藤小屋(90分)馬返登山口
コース状況
特に問題なし
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

   この夏、接客の際に、お客様から伺った馬返ルートが気になり、登ってきました。
1合目からなので、大変かなと心配でしたが、登山道も歩きやすくて緑も多く、1合目~5合目
は、富士の樹海の森林浴でした。

   6合目以降は、海外の方、学生さん、親子でなどたくさんの方が登っておられました。
7合目より上部は、溶岩が固まった岩場の登山で、傾斜も強くしんどかったですが、なんとか
8合目にたどり着きました。8合目の蓬莱館は、そんなに混でなくて、更衣室もありそこでベネクスリカバリーウエアの上下に着替える事ができました。夕方6時頃から深夜1時頃まで熟睡。

   2時頃、蓬莱館を出発すると9合5勺の御来光館から先が渋滞、登山者が頂上まで列ができなかなか進みません。なんとか御来光少し前の5時頃頂上に到着しました。頂上では、たくさんの人とともに御来光を拝み、剣ヶ峰(3776m)へ30分以上並んで剣ヶ峰のピークで記念写真を撮ってもらいました。ゆっくりお鉢巡りと休憩をして下山開始。

   下山路は、ブルドーザーが通る作業道でした。ここが長くてつらかったです。6合目からは、静かな登山道を下り佐藤小屋に到着。お昼過ぎでしたが、ここですでに起床から11時間は経過していました。ビールを飲んで、昼寝。夕方起きて佐藤小屋の夕食(牛豚焼き肉定食)、おいしかったです。18時には就寝。とっても涼しく快適に眠れました。
   
   朝7時に起きて、外にでると風がとてもさわやかで景色もよくて、泊まってよかったなと思いました。7時半には、朝食のうどんを食べて下山開始。ゆっくり歩いて10時前には、馬返登山口に下山しました。

1合目の標高は1500mほどありますので、標高差2200mとなり、達成感が半端なかったです!
夏の富士山は、2回目ですがまた違うルートから登ってみたいなと思いました。

フォトギャラリー

2018年8月29日の御来光

馬返登山口

江戸時代は、ここから登っていたそうです。

歴史ある登山道です

佐藤小屋

日蓮上人

吉田ルート6合目に合流

富士山保全協力金(1000円)払うともらえました

つづら折りの登山道

7合目トモエ館

溶岩でできた岩場

結構な急登でした

ここに泊まりました

8合目からみた虹

頂上で朝日を浴びる

雲上のお鉢巡り

剣ヶ峰で写真を撮るため30分以上並ぶ

記念撮影!

下山開始

下山路より、登っている人がみえました。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

四日市店  - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部