いつもみなラッキーセブンやで!@伊吹山(1,377m/滋賀県)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
もっちー(おとな女子登山部)
名古屋駅前店 店舗詳細をみる
日程
2020年08月05日 (水)~2020年08月05日 (水)
メンバー
京都店 山崎大先輩
天候
コースタイム
登山口(85)三合目(110)伊吹山山頂(140)登山口
コース状況
良好(難所なし)
ほぼ日陰がないため、夏場は熱中症対策必須。

■駐車場:伊吹山登山口(¥500)
■入山料:¥300
■山頂売店:営業中
■3合目:東屋あり/4合目付近:自販機あり
■トイレ:登山口/1合目/3合目/山頂
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

「伊吹山って、山頂まで車で行けるんすね。」

そんな一言から始まった真夏の伊吹山登山。
「ただ言ってみただけです、右から左へ受け流してください。」

ほぼ日陰のない夏の伊吹山は”とにかく過酷”という噂を聞いていたので、大先輩の足を引っ張ってはならぬと、いつにも増して万全な熱中症対策を装備。

いざ一合目から登ってみると、噂通りの禿山で、日陰がほとんどありませんでした。
凍らせたナルゲンボトルと清涼飲料水、ハイドレーションを駆使し、30分おきの水分補給を心がけました。

さすが大先輩、「大きくて太い血管の近くを冷やすと効率的にカラダを冷やすことができるんや。」とすかさずもっちーの首筋をアイシング。亀の甲より年の劫。

途中、4/10合目あたりでなんと自販機を発見!!思わず「自販機あるやん!」とツッコむ。

5合目からは、何一つ遮るものがない広大な景色の中をひたすら登っていきます。徐々に傾斜もきつくなります。ペースを乱すことなく約3時間程で無事山頂到着。

下調べ通り、富士山に匹敵する広さと売店の充実度。
平日でしたが8月ということもあり、登山者が多く密度が高まりますので、ネックゲイターで感染症対策。サングラス+ネックゲイターマスク姿での写真撮影は、もはや誰。

広大な伊吹山山頂には、お花畑を一周できる散策路があります♪
とにかく種類が豊富なので、見たいお花とのタイミングを狙って計画するとよいですね!

正直なところ、植物(お花)にはまだ興味・関心が持てないもっちー。
「ここ回ろうか!」と促されるも、乗り気じゃない後輩に「かき氷食べよか!」と食べ物で釣る。

とにかく暑いので、かき氷とソフトクリームを食べてクールダウン‼

小休止を挟みながら、約2時間程で下山しました。
ひたすら猛暑のつづら道を下りながら、関西のノリツッコミをレクチャーしてくださる大先輩。

どうも、関西人の頭の回転の速さについていけない関東人もっちー。何度「ボケ殺し」をかましたか分かりません。次一緒に登山するときまでに、もう少し腕を磨いておきます、知らんけど←

伊吹山に限らず、安全に夏山を楽しむためにも熱中症対策、紫外線対策は必需です。
また、今年は感染症対策として、除菌スプレーの携帯や飛沫防止対策もしっかり取り組んで参ります。


<夏山必携品>
・ドライレイヤー
https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4573406385249

・ネックゲイター
https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4589676411779

・UVアームカバー
https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4550232850622

・サングラス
https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4984013884177

・ハイドレーションシステム(2L)
https://www.kojitusanso.com/shop/g/g0040818108543

フォトギャラリー

かき氷はやっぱりブルーワイハ‼

入山料¥300

ウォーミングUP

灼熱の伊吹山へ、いざ出陣!!

四季折々の開花情報

8月の見頃は何かな?@3合目お花畑

見事に日陰がない!!

【熱中症対策】年の功から学ぶアイシング術

【日焼け・感染症対策】耳かけネックゲイター装着

夏山を楽しむ登山者。

【熱中症対策】こまめな水分補給

夏山はやっぱり気持ち良い!!

富士山に匹敵する山頂の充実度。

お花畑が有名な伊吹山山頂♪車でアクセスも可能。

「いつもみなラッキーセブン」で覚えるんやで~。

日本武尊像

三角点「えっと、それは、はっぱ隊ですか?」

【紫外線対策】お決まりのgoodrサングラス♡

マイボトルもってきとる。

無事下山!!風呂じゃー!!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

名古屋駅前店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部