錦秋、御在所岳。カリフォルニアドリーミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2020年11月05日 (木)~2020年11月05日 (木)
メンバー
GR岸和田 Hさん
天候
晴れ
コースタイム
裏道登山口〜中尾根バットレス取り付き 90分
コース状況
60mダブルロープ
カム1セット
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

10月のサマーコレクションに引き続いて、H氏とマルチピッチへ。
天気もよさそうなので、私自身は今年5度目となる御在所岳へ向かった。

すっかり秋も深まり、紅葉が登山口の方まで下りてきていた。


まずは、何でも器用にこなすH氏のパッキングを写真で見て頂きたい。
ほとんどがギアのはずなのになぜこんなに綺麗なのか・・
山の経験は自分の方があるはずだが、見習うことばかりである。


アプローチのペースもよく、9時過ぎにはカリフォルニアドリーミングの取付きに着いた。
今日は快晴にも関わらず、一の壁に2人だけで中尾根にはクライマーはいなかった。
それもそのはず。こちらには全く日が当たらないのだ。

前尾根には数パーティが取付いているのが見え、あたたかそうで羨ましく思った。

準備を整え、さっそく登り始める。
わたしはもう登った事があるので、オンサイトトライをしてほしいと思い、H氏にリードをお願いした。
迷いのない動きで、サクッと登り切ってしまう。一方、私はフォローでも必死。

3ピッチ目は前回のリベンジをということで、リードを志願した。
粘ったが、核心のところでフォールし、その後は気持ちが続かずA0をまじえた。
足の下手さももちろんだが、心の弱さをより一層感じた時間であった。

その後は、H氏に4ピッチ目をとことんやってもらおうと、ビレイに専念。
このピッチはデスバレーと呼ばれるらしい。5.12a/bのグレードがついている。
ムーブは解決し、もうあと少しのところで、時間切れとなってしまった。
素晴らしいトライだった。

ウサギの耳に立ち寄り、1本くらいなら登れそうだということで「ウェイクアップ」で締めてクライミングは終了。
日暮れまでよく遊んだ一日。
次に来るのは春の雪解けの頃だろう。それまでに、もう少し精神を鍛えておきたいと思う。

フォトギャラリー

秋、深まる

パッキングが美し過ぎる件

アプローチ核心部分(けっこう危ない)

取付き付近から見上げるカリフォルニアドリーミング

一の壁フランケと紅葉

1ピッチ目

2ピッチ目

2ピッチ目(つかんでる)

3ピッチ目(このあと落ちる)

前尾根をいくクライマー

4ピッチ目(デスバレー)

粘るH氏

懸垂一回で下りられました

下山

バットレスを見るH氏

ウサギの耳

何に使う写真か聞くH氏(これです!)

軽やかに登る

核心部

夕暮れまで遊びました

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

グランフロント大阪店 - 登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部