【ツアーレポート】六甲山を手話で深く知ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
あやや(おとな女子登山部)
日程
2021年11月27日 (土)~2021年11月27日 (土)
メンバー
5名のお客様
細井ガイド、加藤ガイド
スペシャルサポーター:Iさん、Kさん
天候
晴れ
コースタイム
神鉄・鈴蘭台駅(10)神鉄車両(10)名号岩(15)石井ダム(10)どんぐり公園(25)君影キャニオン(10)イガヤ谷東尾根(120)鳥原貯水池(5)立ヶ畑ダム(20)氷室神社(20)神鉄・長田駅
※解説を踏まえながらの為参考程度として下さい。
コース状況
・ルートは明瞭ですが、どんぐり公園から君影キャニオンはルートを見失わないようにして下さい。
・アスファルトが多い為、歩き慣れた方ですとローカットでも〇
«お手洗い情報»
神鉄・鈴蘭台駅(水洗/ペーパー有)
石井ダム、鳥原貯水池(未確認)
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

2021年10月7日に好日山荘は神戸市様、神戸電鉄様と神鉄沿線に広がる豊かな自然や観光資源をアウトドアを通じて、新たな魅力の創造を図ることを目的に事業連携を締結しました。
その一環で、新たな都市活力の創造、自然環境保全や健康増進など持続可能な社会を目指すプロジェクト「KOBE Rail&Trail」を立ち上げ、今回その第一弾としてアウトドア手話企画-等高線-とコラボレーションした手話登山ツアーを開催いたしました。

好日山荘からは登山学校校長を務める六甲山に造詣が深い加藤ガイド、アウトドア手話企画-等高線-からは、手話通訳士・登山ガイドの資格を持つ代表・細井ガイドが今回ご一緒下さいました。

前置きが長くなりましたが、今回の趣旨は手話を通じて六甲山の魅力を再発見することです。
神鉄・鈴蘭台駅からまずはアスファルトを歩きます。
神鉄車両の格納場所を横切り、広場で始めに自己紹介タイムです。
普段から登山に親しまれている方、登山で写真を楽しんでおられる方、手話を勉強されている方など様々です。
兵庫、大阪、何と岡山から参加頂いた方も。(ありがとうございます。)

この日は一気に気温が低下し、歩き始めはなかなか身体が温まらず防寒着を着っぱなしでした。
(六甲山山頂では積雪があったそうです。)

最初の見所、名号岩はロッククライミングも行われる場所で、当日もクライマーの方がおられました。
岩には約150年前に掘られた「南無阿弥陀仏」の文字が。
思わず両手を合わせます。
細井ガイドはノートを使いながら名号の云われ等を丁寧に解説下さいました。

続く石井ダムは全国でも珍しい多目的ホールが設けられており、堤体下部には階段があり散策路になっています。
平日の決まった時間にマニア垂涎(?)のダムカードも配布されているそうです。
青空とダムと紅葉と海のコントラストが何とも美しい風景でした。

どんぐり公園まで更にアスファルトが続きましたので「今日は登山じゃなくてハイキングや!」との声も頂きましたが、君影キャニオンからはその様子が一変します。
やや登り応えのある急登・岩場が20分程。
足場が悪い時の歩き方も細井ガイドから教えてもらいました。

さながらプチアルプスの岩稜帯歩きを堪能した後は、ご褒美の今日一番の展望が!
集合写真を撮影し、30分ほどランチタイムとしました。

林道に下りてからイガヤ谷東尾根へ。
ムラサキシキブ、ヒメサカキ、モチツツジなど加藤ガイドからも様々な植物に関して解説頂きました。(ムラサキシキブの実が食べられるのは初耳でした。)

鳥原貯水池付近は撮影スポット。丁度紅葉が見頃です。
紅葉の巨木は圧巻でしたね。
続く立ヶ畑ダムは日本で4番目に古い重力式コンクリートダム。
1905年に作られたそうですが、今見ても全く美しく機能しており、本当に日本の技術力の高さは素晴らしい!の一言。
ダムの右岸には石臼が並ぶ珍百景も。
(※この付近では昔線香にする原料粉を製造するため水車が多くあり、石臼が使われていたものを記念に残したそうです。)

最後はおまけで氷室神社に立ち寄り、無事長田駅でゴールです。

私自身、今まで手話を使ったことはなかったのですが、皆さんが先生となって下さり、たくさん用語を教えて頂きました。
机上で勉強するのとは違い、風景や出来事と一緒に記憶に残るので少しばかり刷り込まれた気がします。
また手の表現以外にも顔の表情がとても重要なので、しっかり顔を見つめながらコミュニケーションをした事で、頭はフル回転でいつにも増して濃密な、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
本当にあっという間の1日でした!

帰りの電車でご参加頂いた方から指文字五十音が書かれたタオルを頂きましたので、次回までにしっかり勉強しなければなりません(^_^)

ご参加下さいました皆様、本当にありがとうございました。
継続的に開催していけるよう今後も取り組んで行きたいと思います。

■細井ガイドが代表を務める「アウトドア手話企画-等高線-」HP
https://signclimbing.jimdo.com/

フォトギャラリー

君影キャニオンで集合写真★

実は参加者で一番の電車好きだった細井ガイド

広場で自己紹介(寒いのに長くなってすみません)

出発前の身支度チェック

「南無阿弥陀仏」と彫られています

キダチダリアをパシャリ

植物にも詳しい加藤ガイド

細井ガイドは各所で手話とノートでじっくり丁寧に説明して下さいました

寒いですがハイキング日和です!

さて、ここからお待ちかねのがっつり登山パート

ここの急坂が核心でしたね

クライミングっぽく

トップに来ました。映えスポット♪

景色も良き~❤

お待ちかねのランチタイム

くさい匂いのする植物を匂った直後の顔ですw

鳥原貯水池は撮影スポット

皆さん良い笑顔です

立ヶ畑ダムを見学して

氷室神社へ立ち寄り無事ゴールです。お疲れ様でした!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部