涼を求めて、三ノ沢岳へ。(中央アルプス)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
名古屋駅前店 店舗詳細をみる
日程
2013年07月11日 (木)~
メンバー
天候
晴れ
コースタイム
千畳敷駅<35分>極楽平<15分>三ノ沢分岐<100分>三ノ沢岳山頂<100分>三ノ沢分岐<15分>極楽平<20分>千畳敷駅
コース状況
千畳敷カールにはまだ雪が所々あります。軽アイゼンがあれば安心ですが、慣れている方は無くても大丈夫です。

千畳敷のあたりにブヨがたくさんいたので、虫除けスプレーは必須です。
難易度
Google Map

より大きな地図で 三ノ沢岳
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

梅雨が明け、今年も、梅雨明け10日は晴天が続いたので、下界の暑さから逃げるように、アルプスに涼みに行って来ました。

期待通り、ロープウェイを降りて千畳敷に降り立つと、涼しい世界が待っていました。
視界は悪かったのですが、夏のアルプスの匂い(みなさんも、なんとなくわかっていただけるかな?)が今年も夏山シーズン到来を感じさせてくれました。

今回は、メジャーな木曽駒ヶ岳ではなく、木曽駒ヶ岳の陰に隠れてしまっている、ちょっとマイナーな三ノ沢岳に登りました。

印象は、これと言って特徴の無い山ですが、高山植物が多く、木曽駒ヶ岳の展望は抜群です。

ロープウェーを使って、歩行距離が短くもなく、長くもなく、日帰りには丁度いい山です。是非、登ってみてください。お勧めです!!!

フォトギャラリー

三ノ沢岳。いい山です。

千畳敷カールはいつもガスの中に…。

残雪を横切りながら登ります。アイゼンは着けなくても大丈夫です。

お!!!ガスが晴れて、視界が開けてきました!テンション上がります↑↑↑

稜線に出ると、風が出て少々寒いので、上着を着ます。涼しいというより少々寒い。

こいつが見たかった!!木曽駒ヶ岳周辺に多く咲く、ヒメウスユキソウ。

雲で山頂が見えたり、隠れたり。

お久しぶりです。チングルマ。

イワウメの密集。

アオノツガザクラ。白い花ばっかり。

ミネズオウ。

ハクサンイチゲ。

元気いっぱいのハイマツで、登山道は基本的に狭いです。ズボンを枝に引っ掛けないよう注意してください。

シャクナゲ。

山頂です。

涼しいし、天気いいし、絶景だし、幸せです。

木曽駒ヶ岳を望む。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

名古屋駅前店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部