おとな女子登山部レポート奈良 八経ヶ岳 今年も天女に会いに

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
日程
2017年07月07日 (金)~2017年07月07日 (金)
メンバー
つじまい
天候
くもり時々小雨
コースタイム
09:15出発
行者還トンネル西口→(46分)→奥駈道出合→(23分)→弁天ノ森→(81分)→弥山小屋→(51分)→八経ヶ岳→(26分)→弥山小屋→(39分)→聖宝ノ宿跡→(26分)→弁天ノ森→(22分)→奥駈道出合→(45分)→行者還トンネル西口
15:50到着
コース状況
・行者還トンネル西口駐車場(1日1000円)にトイレ(1回100円)あり。
・奥駈道出合までは急登
・奥駈道出合~聖宝ノ宿跡(理源大師像)まで、道が複線化しているところがある。
・全体的に目印は少な目だが、踏み跡はしっかりしている。
・聖宝ノ宿跡~弥山まで、道は細いところもあるため譲り合ってすすみましょう。
・弥山山頂は小屋を通り過ぎて先にある。
・弥山~八経ヶ岳は100m程の下りと登りとなる。
・鹿除けのゲート中がオオヤマレンゲの自生地。今は5~6部咲きで、まだ蕾もありますが、今週末が見頃でしょう。
・奥駈道出合からの激下りのために、ぜひストックをお持ちになってください!
・トイレは山中に弥山小屋にのみ。一回100円。念のため携帯トイレをもっていきましょう。
・水は弥山小屋で販売(1L100円)
・下山後の温泉は天の川温泉がおすすめです。大人600円 営業時間:11:00~20:00 定休日:火
難易度
Google Map

感想コメント

大峰で自生する天然記念物のオオヤマレンゲ。
梅雨の時期に咲く、とても美しいお花です。
その珍しさと美しさから別名「天女花」よもよばれており、たくさんの登山者でこのお花を目当てに登りにきます。

今年も、天女様に会いに八経ヶ岳に行ってきました。
去年は6月末に行っておりましたが、今年は少し遅く、今がちょうど見頃とのうわさ。

寝坊して9時過ぎの到着となり、急ぎ足で登り始めます。
じょじょにガスが出てきて、それが美しく、足を止めてしまいます。
大峰はガスが似合います。

歩きなれた奥駆道。
理源大師像のとこで自撮りをしていたら、ブヨに手を噛まれてしまいました。

弥山に到着して、早速八経ヶ岳へ。
小雨が降ってきましたが、風もなく傘で十分。
弥山と八経ヶ岳の鞍部に、オオヤマレンゲの自生地があります。

鹿に食べられてしまうので、柵がしてあります。
ほんのり甘い匂いがただよい、可愛いオオヤマレンゲがたくさん咲いていました。
まだまだ蕾もありました。

小雨が降ったりやんだりの天気で、お花も少し濡れて美しい。

週末は、団体さんや三脚を立てて撮影する方で大変混雑するので、
自分一人きりの贅沢な時間をありがたく思います。

一応八経ヶ岳ピークを踏んで、すぐに弥山にもどりました。
弥山小屋に、お客様のピッケルが飾られているので、中に入って見せていただきました。
はじめて入りましたが、とてもきれいな山小屋でした。

天気のいい日はとても暑いので、お水を多めに、お持ちになってくださいね。

フォトギャラリー

天女花とよばれるオオヤマレンゲ

登山口に登山届ボックスがあります

三角の橋が、新しくなっている。

出合までの急登がんばりましょう

出合から奥駆道となります

ブナ林が美しいです

理源大師と久しぶりの2ショット

コバイケイソウがちらほら咲いていた。

ガスが出てきた

長い階段

まずは弥山から八経ヶ岳へ

八経ヶ岳が見えます

オオヤマレンゲの保護で柵をしています

まだまだ蕾もたくさん

美人三姉妹

足がすすまないのです

やっと八経ピークに到着

立ち枯れています

弥山に戻る

弥山小屋でお目当てのピッケルを拝見

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
好日山荘webshopタイムセール 好日山荘webshopタイムセール