原生林&花を堪能、天生県立自然公園 「籾糠山」

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
名古屋駅前店 店舗詳細をみる
日程
2014年06月07日 (土)~
メンバー
天候
曇り
コースタイム
天生峠駐車場<30分>天生湿原<130分>籾糠山山頂<100分>天生湿原<20分>天生峠駐車場
コース状況
水芭蕉はピークを過ぎてました。1週間前ぐらいが見頃だったのでしょう。

虫が多いので、虫除けや頭から被るネットがあると良いでしょう。

熊の生息地なので熊鈴がいります。
難易度
Google Map

より大きな地図で 籾糠山 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

私、水芭蕉を見たことが無かったので、店のスタッフにお勧めの場所を聞くと、籾糠山の天生湿原が良いということで、行って来ました。

水芭蕉はピークを過ぎ、花が少なく、葉っぱが巨大化した状態でしたが、初めての水芭蕉を堪能しました。
湿原ではコバイケイソウが大きくなっており、つぼみもあったので、もうちょっとすると湿原の主役になるでしょう。

籾糠山までの道には花が多かったです。
幾つか道があるのですが、カラ谷登山道が花が多いという事を登山口で教えて頂きました。

ブナ、ダケカンバの原生林やカツラ、トチの巨木が楽しませてくれました。

虫が多かったのが、マイナスのイメージですが、すごく楽しい山でした。

フォトギャラリー

お目当ての水芭蕉はほぼ終わっていました。残念…。

登山口。協力金500円を支払います。

北アルプスが見えます。

お目当ての天生湿原到着。

湿原に咲く水芭蕉。

咲いている株は少なかったですが、いい写真が撮れました。

これからの主役はコバイケイソウになりそうです。

原生林の森を歩きます。

カツラの巨木群。

オオカメノキ。

サンカヨウ。

キヌガサソウ。

カラ谷登山道にはたくさんの花が咲いています。

大きな木がたくさんあります。足元にはニリンソウが群生しています。

途中、ツツジも綺麗に咲いてました。

籾糠山への最後の急な登りを登ると…

籾糠山山頂。1744M。

山頂からの景色。

トチの巨木。

終始、虫が多かったので、駐車場にある休憩所でランチを楽しみました。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

名古屋駅前店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部