不帰嶮(猿倉〜鑓温泉〜唐松岳〜八方池)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
川崎 大輔
【閉店】FOOTWEAR店 店舗詳細をみる
日程
2014年08月19日 (火)~2014年08月20日 (水)
メンバー
坊上さん(グランフロント大阪店)、西川さん(京都店)
天候
晴れ時々曇り
コースタイム
猿倉(300分)白馬鑓温泉小屋(190分)天狗山荘(100分)不帰嶮一峰(150分)唐松岳(150分)八方池(30分)リフト乗り場
コース状況
猿倉から鑓温泉までは比較的になだらかな坂を歩きます。
危険箇所は特にありませんが、雪渓を通ります。しっかりとした踏み跡、道しるべがあるのでそこを歩けば問題ないと思います。
鑓温泉からは急坂が始ります。高度が高くなっていき酸素も薄くなってくるので疲れやすいでしょう。
鎖場が何か所かありますが慎重に歩けば問題ないと思います。
天狗の大下りは登山道自体広いですがサラサラとした石がたくさんあるので滑りやすいです。
天狗山から不帰嶮までは危険箇所多数。細い登山道が続きます。
急な下りもありますが鎖をしっかり持っていれば問題ないと思います。
不帰嶮Ⅱ峰南峰から唐松岳まではこれまで歩いてきた道に比べれば安定しており快適でした。
唐松岳からは単調な下りが続きますが気を抜いてると転倒やひざの痛みにもつながるので慎重に歩きました。
難易度
Google Map

より大きな地図で 不帰嶮 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

難しい岩稜帯で有名な不帰嶮。
天狗山から不帰嶮までの稜線歩きはスリル満点で常にドキドキ楽しかったです。
鑓温泉の足湯は最高でした。それまでの足の疲れを癒してくれました。
雪渓もたくさん残っており暑い体をクールダウンしてくれて気持ち良かったです。
一か所にたくさんの綺麗なお花が咲いていて感動しました。
雷鳥にも会う事ができました。
少し天気は悪かったですが白馬の壮大な景色を堪能する事が出来ました。

フォトギャラリー

細い登山道だけど鎖がしっかりついているから安心でした

登り始め

分岐。ここを左へ。道通り右へ行くと大雪渓へ行きます

真緑色の世界

雪解け水を渡ります。

涼しい雪渓歩き

数えきれないほどの花々が咲いていました。

鑓温泉の足湯

鑓温泉を後にいざ山頂へ

稜線へ出ればテント場まですぐ。

2日目。昨日と違って難しい岩場の連続

かなりの急坂。

天狗ノ頭が奇麗に見えます

不帰嶮。長く足場の悪い所続きます

二峰の手前。めちゃくちゃ怖かった。

三峰からの二峰方面。ここを登って来たのかと思うと感動。

唐松岳到着

一カ所にたくさんの花が咲いていました。

八方池。

無事下山。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

【閉店】FOOTWEAR店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部