「飛騨の森」③小坂の滝めぐり

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
あやや(おとな女子登山部)
日程
2014年10月31日 (金)~2014年10月31日 (金)
メンバー
熊崎潤ガイド、マネ(おとな女子登山部マネージャー)
天候
晴れ
コースタイム
巌立(標高688m)~滝見橋~三ツ滝~溶岩台地~どんびき平~しもべり橋~あかがねとよ~巌立
約4時間
コース状況
・基本的に整備されており、非常に歩きやすいです。
・あかがねとよ(滝)付近の岩階段の上り下りは滑り易いので注意が必要です。
・ガイドの同行が必要なコースもあります。
《お手洗い情報》
・がんだて茶屋
・あかがねとよ付近
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

3日目「小坂の滝めぐり」

最終日は下呂市に程近い小坂へ行ってきました。
こちらは岐阜県が後世に残したい宝物として認定してる「岐阜のたからもの」第一号に認定された場所で
水の森としても知られています。

ガイドなしでも歩ける初級コースから、ガイド同伴必須の中・上級コースまで、時間・体力に合わせて選べる全14コース!
どのコースか迷う場合は、案内所にいる「飛騨小坂200滝」のガイドさんに是非相談を。
飛騨弁を交えながらアドバイスしてくれますよ☆

本日はこちらにお勤めの若手ホープ、熊崎ガイドに案内して頂きました。

がんだて公園をスタートし、滝見遊歩道からマイナスイオンたっぷりの滝を巡ります。
途中、川に突っ込み水中で餌を探す珍しい鳥を見ることも出来ラッキー(^^)☆
紅葉も丁度見頃を迎え、滝と相まって一層美しい景色をつくり出していました。

溶岩台地の森では、熊崎ガイドが野点を披露して下さいました。
お茶菓子も季節を感じられる地元のものを使っており、本格的でちょっと感動。
レジャーシートも緋毛氈をイメージして赤!凝っています(笑)

他にも、お弁当後にシングルバーナーで簡単スイーツを作ってくれたりと、女子の心をわし掴み!
「粋(いき)だねぇ」と一人心の中でつぶやく。

この様な素敵なアイデアは、若手ガイドの皆さんで日々試行錯誤して考えられているんだそうです。
飽くなき探求心にさらにブラッシュアップをかけていく姿は、おとな女子登山部としても参考になるお話が多く刺激になりました!

さらに、ガイドしてくれるのは勿論のこと、道中は自然のものを使って遊ばせてくれます。
タケコプターになる葉っぱを飛ばしたり、紙吹雪みたいに種がパラパラ出てくる植物を木でつついたり
袋いっぱいに枯れ葉を詰めてクッションにしてみたり。。。
子供顔負けで大人が童心に帰って遊べます!
私はケラケラずっと笑いっぱなしでした♪

耳を澄ませば動物の動く音にちょっとドキドキしたり、刺激たっぷり大満足のツアーでした。

冬は雪遊びも行っているとのことでしたので、またそのシーズンに訪れてみたいと思いました。
(私はマイかんじきを作って雪道を歩くというツアーにかなりひかれました。)

■アクセス(関西からの場合)
新大阪→名古屋→高山本線 JR特急ワイドビューひだ→下呂→高山本線・飛騨小坂→車で約15分

フォトギャラリー

紅葉が見頃

巌立の大岩壁 高さ72m!

滝巡りスタート

ど根性ひのき(笑)岩の間からニョキニョキ。

小さいものも含めると、200以上の滝があるそうです

円空の座禅岩

マイナスイオンって計れるんですね!

自然の紫がよく目立ちます

熊の爪痕

森で野点☆茶筅や陶器の器もあって本格的!

森の成り立ちを、手作りの紙芝居で説明して下さいました

イノシシが餌を探した後

どんびき平。紅葉がグラデーション♪

入れ物にもこだわったお弁当

スイーツ男子!素敵な技を披露して下さいました。

あかがねとよ

水が半端なく澄んでます

アマゴが名物。

がんだて公園から車で約5分の所にあるひめしゃがの湯(炭酸泉)は是非立ち寄ってみて下さい!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
berghaus(バーグハウス) アクシス パンツ / カラー R14

berghaus(バーグハウス) アクシス パンツ / カラー R14

finetrack(ファイントラック) ケアファイン オールウォッシュ(アウトドア製品用洗剤420g)

finetrack(ファイントラック) ケアファイン オールウォッシュ(アウトドア製品用洗剤420g)

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部