冬の燕岳。

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
名古屋駅前店 店舗詳細をみる
日程
2014年11月14日 (金)~2014年11月15日 (土)
メンバー
天候
11/14 雪 11/15 雪
コースタイム
11/14 中房温泉<200分>合戦小屋<80分>燕山荘

11/15 燕山荘<40分>燕岳<30分>燕山荘<60分>合戦小屋<160分>中房温泉
コース状況
中房温泉からうっすら雪があり、第一ベンチのあたりからはしっかりとした雪道になります。
積雪は多いところで膝上まであります。

合戦小屋から上部はアイゼンが必要。

燕山荘から山頂の稜線は強風、低温。
バラクラバ、ゴーグルなどの防寒、防風対策は万全にしてください。
難易度
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

雪のアルプスに登りにいこうということで、小屋が営業しており、比較的登りやすい燕岳へ。

燕岳は去年の年末にテント泊で挑戦したしたのですが、雪と強風の為、燕山荘にお世話になりました。

今回もテント泊装備でリベンジです。



今回も断念です…。
テントは設営しましたが、体を休めることができる状態ではなかった為、撤収し、今回も燕山荘にお世話になりました。温かい布団寝れるっていいですね。

翌日、燕岳へアタック!!!
雪と風はおさまってません。

なかなかの過酷な条件でしたが登頂できました。

雪山シーズン始まりました☆

フォトギャラリー

エビのしっぽ。

中房温泉。入念にストレッチをしてスタートです。

登り始めは雪が少々。

すぐに雪道になります。

富士見ベンチ。ベンチがいくつかあり、休憩の目安になります。

合戦小屋到着。営業はしてませんが、雪と風が防げるスペースが解放してます。

雪山は暖かい食事を。保温ボトルが大活躍です。カレーうどん最高でした。

合戦小屋から尾根に上がります。

樹氷ができています。

登った人にしか見れない世界です。

晴れていれば絶景でしょう。

燕山荘まであと少し。

小屋の裏手から稜線に出て燕山荘の玄関へ。強風が待ってました。

玄関の前にいらっしゃる山男さんにご挨拶。

翌日、燕岳へアタック。相変わらずの天候です。

視界がよくありません。

気温マイナス10℃で強風。なかなか過酷な状況です。

カメラの調子が悪くなり山頂の写真はありませんが、登頂できました。

燕山荘に戻り、お茶します。手前のケーキが一番人気らしいです。

雪山を堪能できました。また来よう。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

名古屋駅前店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部