関西 花の山⑫関西百名山・弥仙山~ミヤマカタバミ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本田 康之
イオンモール各務原店 店舗詳細をみる
日程
2015年03月30日 (月)~2015年03月30日 (月)
メンバー
なんば店 本田康之
他1名
天候
快晴
コースタイム
登山口(30分)小谷林道分岐(19分)日置谷分岐(47分)弥仙山(30分)於成神社(10分)修錬の滝(27分)水分神社(2分)登山口
コース状況
アプローチ
・国道27号上杉から府道74号大又、大又を左折し、登山口へ(標識がある)
・日置谷コースならJR綾部駅よりあやバス上林線が1時間に1本程度

①水分神社下駐車場は数十台駐車可能
②小谷林道は未舗装路で案外、長い
③小谷林道から尾根に上がる道が急なジグザグ道、その先日置谷分岐までは樹林帯の中を行きます
④日置谷分岐~弥仙山はなだらかな尾根の道で、樹林帯の中の為、ほぼ展望がない
⑤弥仙山山頂からの展望も樹林に囲まれ、ほぼないが、うっすら舞鶴湾が見える
⑥於成神社からは長い下りのガタガタ階段がある
⑦於成神社手前と於成神社参道階段の途中に水場があります
⑧修錬の滝へは片道2分程度です
⑨於成神社~宮ノ谷周辺・水分神社にてミヤマカタバミが見られました
⑩於成神社裏手にハシリドコロの群生がありましたが、まだほとんど咲いていません
⑪立ち寄り湯はJR綾部駅に栄温泉、周辺に綾部温泉大家族の湯があります(年中無休)
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

弥仙山(みせんざん・664m)は関西百名山の一つで鋭い三角錐の姿から丹波槍・丹波富士とも呼ばれます。古くから役行者(役小角)が修行をし、また僧の行基(668~749)が金峰山神社を奥の院として諸寺を建立したと伝えられています。また麓の谷川の石を拾って金峯神社の周辺に積み上げ、祈願すると願い事がかなうとされている。昔、弥仙山と舞鶴の青葉山の神様が背比べをされていたことから、地元の人々が少しでも高くしようと石を積み始めたようです。
今回はマップとにらめっこし、宮ノ谷コースだと後が長いので、改心の道コースを最初にしました。終わってみると宮の谷コースは急な感じでしたので正解だったと思います。登山口に行くまでに府道74号沿いにはショウジョウバカマの群生が道路沿いに見れ、大又公民館沿いではイカリソウが見れました。今回の後半・宮の谷コースの於成神社参道ではミヤマカタバミの群生が多く、この山も花が多いと感じました。また稜線にあがれば、展望はないですが、よく整備されていて、気持ち良い春の稜線歩きができて、いい山だと思いました。

フォトギャラリー

弥仙ふれあいセンターから見る弥仙山

水分公民館付近でイカリソウ発見

登山口で右からスタート

キンキマメザクラ

小谷林道がから離れます

最初が急坂です

この辺りはアブラチャンが見られます

日置谷分岐はひっそり

なだらかな尾根道

歩きやすい道です

ようやく見えてきました弥仙山

弥仙山山頂

雪が残ってました

初めて見ましたハシリドコロ

於成神社の長い階段、、、途中に水場があります

修錬の滝に寄り道

ミヤマカタバミの群生がたくさん

セリバオウレンを発見しました!

宮の谷コース入口

帰りの道路脇にショウジョウバカマの大群生を見つけました

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

イオンモール各務原店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部