日和田山より物見山-お手軽日帰り縦走シリーズ-/埼玉県【奥武蔵山域】

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2015年04月16日 (木)~2015年04月16日 (木)
メンバー
天候
晴れ時々曇り
コースタイム
コース状況
コースは全体的にはよく整備され初心者の方でも安心して歩けるコースです。
高低差も少ないのでワンデイハイキングにはもってこいの山です。
唯一の難所は男坂コースの岩道。足元を確認すればお子様でも通過できるレベルです。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

首都圏からでも電車を使い充分日帰りハイキングを楽しめる山をテーマに今回は選びました。西武秩父線の高麗駅(こり)下車で、駅からも目の前に見える日和田山から少し足を伸ばして、お手軽縦走が可能なコースを歩いてきました。
高低差も少ないので体力レベルも高くなく、身近な里山といった雰囲気がしっくりくる山で、最後に滝見物もおまけつきで楽しめると思います。

登山道に入り、尾根に出れば鳥居がありその先ですぐに道は二手に分かれます。
今回は左手の男坂コースを進みました。危険度の少ない岩場ですし、ここでグングン標高を稼げるといった具合です。金刀比羅神社の鳥居が見えてくれば男坂もほぼ終了。神社の前からは巾着田と市街地の綺麗な景色が眼下に広がり見所となっています。

神社から少し上がったところが日和田山の山頂になっており、ここからも日高市街などの景色が広がりベンチもいくつかあり休憩にもオススメの場所でした。

コースを西にとり高低差の少ない杉木立の尾根を進むと鉄塔のたつ高指山です。鉄塔の手前は立ち入り禁止になっていました。
高指山から先は車道となり駒高集落を過ぎます。景色の開けたところもあり明るい雰囲気でした。
集落から再び林道に入り、少しの急登りを歩けばベンチの置かれた物見山に到着です。
山頂からの展望はききませんが、休憩するには良いところでした。

さらに西へ下るとヤセオネ峠で宿谷ノ滝への分岐となり、五常ノ滝方面のコースを進みました。再び山村集落が途中にあり(小瀬名集落)、山村脇の小道を進むと植林帯の山道が続き、最後は車道に合流します。
車道を武蔵横手駅方面へ進むと脇に滝へ下る看板が見えます。道を下ればすぐですので時間の許す限り滝見物がオススメです。
滝から駅までは車道をまっすぐ進めばゴールの武蔵横手駅も間もなくです。

フォトギャラリー

スタート地点の高麗駅からすぐに日和田山は見えます。どっしりとした山容です。

駅前の観光案配には高麗は渡来人の里とありました。

駅で見た特徴的なキャラクターが案内してくれます。

尾根に出くわすと鳥居がありました。

二択できます。今回は男坂へ。

水場もありました。

男坂は少し岩っぽいところもあり慎重に。

すいぶん登ったところで神社があり、そこから巾着田と市街地の綺麗な景色が広がっていました。

日和田山の山頂は広く休憩に最適です。

三角点。

山頂で食べるご飯は毎回美味しい。

山頂からの景色も綺麗でした!

高指山へ進みます。コースは歩きやすく整備がしっかりされています。

道路から再び物見山へ登る手前で一枚。

物見山山頂。

山桜が残っていました。

五常ノ滝。

ゴールの武蔵横手駅。

ミレーの新製品TORONG(トロン)。独自の機能で背負いやすさを実現させたリュックサック、ぜひ店頭でチェックしてみてください。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部