浜松最高峰 中ノ尾根山【南アルプス深南部】~本気になったら深南部~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2015年12月09日 (水)~2015年12月09日 (水)
メンバー
天候
快晴
コースタイム
白倉権現(150分)休憩小屋(75分)ガレ場(30分)2,214mピーク(50分)中ノ尾根山(90分)休憩小屋(120分)白倉権現
コース状況
【白倉林道】
ゲートに登山ポストがあります。
林道には小屋が5つほどあります(林業や工事業者が使うような質素な小屋)。トイレはありません。水場は林道脇に数カ所あります。
約10km、400mほど高低差があります。

【登山口~中ノ尾根山】
道標や案内はありません。しかし、ピンクテープは終始あります。
ガレ場までは明瞭な登山道ですが、そのさきはササ藪。どのルートを採るかはフリーダムです。晴天時は中ノ尾根のピークや周りの山々が見えているので、忠実に尾根をたどれば迷うことはないですが、ガスがかかれば話は別です。

ロープを使うような細い場所や危険な場所はありません。

地面が見えにくいのに倒木はたくさんあります。転倒と痛打必須の悪路です。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

浜松の地にいるなら浜松最高峰を踏んでおかなくては!しかしそこは人を寄せ付けない南アルプス深南部、中ノ尾根山(なかのおねやま 標高2,296m)。

南アルプスの深南部と呼ばれる場所は「整備された登山道」なんて甘っちょろい考えはなく、距離、体力、経験と上級者レベルの山がほとんどで、一帯がササ藪に覆われルートファイティングも必須です。もちろん今回登った中ノ尾根山もそうですが、初めて深南部を訪れるには比較的容易に登れる山だと思います。

この山はまず駐車スペースから登山口まで10km近く林道を歩かなくてはいけないという難点が一つあります。
そして苦労して登山口についたらしばらくは急登を行き、大きくガレた場所からは深南部らしいササ藪が出てきます。足元は見えないくせに倒木はたくさんあります。

そんな大変な山ですが、やはり静かで獣の臭い色濃く、ありのままの自然の中を歩くのは最高です。当日は晴天無風の中、富士山、中央アルプス、他の深南部の山々がよく見渡せ、最高の山行になりました!
温かい日が続いているため1,600m辺りから雪はありましたが少なく、アイゼンなしでも行けました。

念願の浜松最高峰、中ノ尾根山に登頂し、再び来た道を戻り長い長い林道歩き・・・これもアクセスの悪い深南部の醍醐味なのかもしれません。
余裕を持ってれば林道の小屋や山中にテン泊して、宴会でもすればもっと最高の山旅を味わえたと思います!

フォトギャラリー

深南部らいしヤブ景色と中ノ尾根山。

スタート地点の白倉権現。ここから9kmの林道歩き・・・

林道の終点にある休憩小屋。

小屋の中。薪ストーブがあるので宴会できそうですね!

小屋のすぐ横にある中ノ尾根山登山口。

ガレ場までは明瞭な道が続く。

ガレ場と2,214mのピーク。

黒沢山への稜線がくっきり。

恵那山や熊伏山が見えている。

この感じを待っていた!

中ノ尾根山の主稜線に出ると富士山が!

中ノ尾根よりさらに奥にある合地山や光岳~大無間の稜線もよくわかる。

中ノ尾根山直下で針葉樹林帯が出てくる。

広い中ノ尾根山山頂。念願の浜松最高峰。

山頂から北へ少し降りたところから

間近に見える池口岳へも稜線が続いています。

光岳。光石も見えている。

聖岳と赤石のナイスコンビ。

下りは少しルートを変えて西側(中央アルプス方面)も良く見えます。

林道に降りてきました。また9kmの道のりを歩きます・・

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部