六甲・地獄谷からB懸尾根へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
あやや(おとな女子登山部)
日程
2015年12月22日 (火)~2015年12月22日 (火)
メンバー
単独
天候
晴れ
コースタイム
阪急・芦屋川駅(20)高座の滝(35)A懸垂岩(10)B懸垂岩跡(20)ピラーロック(10)風吹岩(25)中央尾根から高座の滝(25)阪急・芦屋川駅
コース状況
・コースタイムは短いものの、一部ルートが不明瞭なため基本的な読図技術が必要です。
(※昭文社の地図では経験者と同行するよう強く勧めています。)
・尾根付近は脆く足場が細いので十分注意して下さい。
≪お手洗い情報≫
・阪急・芦屋川駅 ペーパー有/水洗
・高座の滝 ペーパー有/水洗
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

六甲山系の中でずっと行きたいと思っていたルート。
難しそうなので避けていましたが、今なら行けるかな?と思い読図の練習も兼ねてトライしてきました。

登山口は人気のロックガーデン中央尾根ルートと同じ場所です。
師走の平日にも関わらず15名程がいらっしゃいました。
賑やかな集団とは別れ、一旦下へ下りゲートロックを潜り抜けいざ出発。

基本的に沢を遡行して行くのですが、3~4m位の滝を直登する箇所も出てきます。
水量が多い時や登れないと感じたら、巻道を利用するのも手です。

今回は前日の雨で少し岩肌が濡れていたものの、足掛かりがしっかり取れたので
全て直登することが出来ました。

8箇所程の滝をクリアすると、小便滝が確認出来ます。
左に堰堤、右に踏み跡のある沢筋がありますのでそちらへ。
枯れ沢を登り詰めればA懸垂岩に出ます。
(※地元の方によるとA懸垂岩へのルートはいくつもあるそうです。)

ここまで迷わず来れた事にホッとして、肝心のA懸垂岩に登るのをすっかり忘れてしましました(笑)
まあいいや、また来よう。

B懸垂岩跡でしばし休憩。
振り返ると奇怪なA懸垂岩と、奥には神戸の街並みが混じり合う何とも不思議な光景です。
やっぱり六甲山は面白い!

その後、小さいアップダウンを経てピラーロック(万物相)まで来ると、5人の先客が。
皆さん地元の方で、色々と教えて頂き有難かったです(^^)

ピラーロックを超えるとすぐに中央尾根ルートと合流します。
風吹岩では猫も猪も見当たらず・・・。逆に珍しいなと思いました。

下山のルートはいくつかありますので、自分でオーダーメイドしながらでOKです★
破線ルートではありましたが、凄く面白いルートだったのでまた来たいです。

■服装
上:スキンメッシュ半袖+ウール(200ウェイト)+ベスト ※休憩時はアクティブシェル着用
下:オールシーズン用パンツ

■気温
11:55 B懸垂岩跡(24℃)
12:30 風吹岩(13℃)
14:00 阪急・芦屋川駅(18℃)

フォトギャラリー

ザラついた花崗岩と神戸の街並み

おなじみ滝の茶屋

今日は地獄谷の方へ

ゲートロックをくぐります

ここから直登。8箇所位あります。

やばい、ここ好きだ!!

デリカシーのない名前だけど面白い(笑)

ざっくりですが標識はあります。整置で現在地確認。

すぐにA懸垂岩に到達

B懸尾根からA懸垂岩を望む

手足を十分に使って通過します

めっちゃ細いんですけど・・・

ピラーロック(万物相)群

下りの方が怖そう

心配されたのか登るまで見守られました(^_^;)

スターウォーズっぽい

この惑星の人間です!(笑)

風吹岩。今日は静かです。

下山も慎重に

高座の滝に帰って来ました。行きは気付きませんでしたがブラシがありました(^^)

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部